【S40News!】スマホに充電もできる単三形ニッケル水素電池と充電器。

東芝 IMPULSE
『充電式IMPULSE』

東芝ホームアプライアンスは、スマートフォンなどの充電が可能な単三形充電池と充電器のセット『充電式IMPULSE』を12月中旬より発売する。

従来からある単三形ニッケル水素電池『IMPULSE』と専用充電器のセットだが、電池の充電だけでなく、電池を装着した状態でUSBケーブルを経由してスマホをはじめとするモバイル機器に充電する機能も備えているのが大きな特徴。なお、電池への充電もUSB端子から行なうが、別売りのACアダプタ『TNHC-MB AC』を使えば電源コンセントからの充電も可能だ。

充電池4本タイプと2本タイプの2種類が用意されており、どちらも単三・単四の両方に対応している他、アルカリ乾電池を電源として使うこともできる。バッテリー容量1,400mAhのスマートフォンへなら、4本タイプなら約1.4回、2本タイプなら約60%程度の充電ができる。

ちなみに、今年7月に日立マクセルから発売された『ecoful CHARGER』もAC電源からの充電機能を除いてほぼ同様の機能を搭載しており、今後の充電池・充電器の標準機能となりそうな便利機能といえる。

ecoful CHARGER
『ecoful CHARGER』の使用イメージ

ただ、通常の充電器と同様、内蔵式のコンセントにしてくれればACアダプタを持ち運ぶ必要もないのでさらに便利度は増したのではないだろうか。もちろん、このあたりはコストとの兼ね合いということなのだろう。一方でスタイリッシュなデザインとなっているのはうれしい。価格はオープン、予想実勢価格は、4本タイプの『TNHC-34AS MB』が4,500円前後、2本タイプの『TNHC-32AS MB』が3,500円前後となっている。

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。