【S40News!】世界最速のダウンヒルバイク『サンタクルズ V10.5』。

santacruz V10.5

santacruz V10.5santacruz V10.5santacruz V10.5santacruz V10.5米国サンタクルズ・バイシクルズ社が最新ダウンヒルバイク『V10.5』を発表した。

アウトドアブームと共にMTB人気が盛り上がったのは80年代後半。ブリヂストン・ワイルドウェスト、アラヤ・マディフォックス、パナソニック・ワイルドキャット、ミヤタ・リッジランナー、リッチーやルック、ダイヤモンドバックとかも人気あったな…(遠い目)。現在ではフィットネス用途が中心のようにも見受けられるスポーツサイクル市場だが、どっこい世界ではMTBの進化系ともいえるダウンヒル専用モデルの開発が進んでいる。

そのひとつがサンタクルズの『V10.5』だ。2012年にG・ミナー選手が世界チャンピオンを獲得したモデルのレプリカとなる『V10』の、ver.5に当たる。いわば世界最速のダウンヒルモデルなのだ。リヤのサスペンションストロークが254mmあり、これはかなり大きな数字なんだそう。なんとメインフレームだけでなく、スイングアームまでカーボン化されたハイテクモデルで、フレーム重量はわずかに3.15kgというから驚かされる。

リヤショックユニットはFOX『DHX RC4』とロックショックス『Vivid Air』から選択でき、完成車キットも販売される予定。価格はフレーム単体で39万9,000円、完成車で72万5,500円から。世界最速のダウンヒラーが駆るマシン、クルマだったらF1マシンのようなモデルだと思えば安いもの!?

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*