【タメ年たちの大活躍!】本広監督が『さぬき映画祭』のディレクターに就任。

本誌vol.14の『荒海に生きるタメ年男』に登場してくれた映画監督・本広克行。

昭和40年生まれの映画監督・本広克行が来年2月に香川県で開催される『さぬき映画祭』のディレクターに就任した。

本広は高校卒業後、上京して横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に進み、バラエティ番組のADやドラマのディレクターや演出を経て、96年に『7月7日、晴れ』で初の映画監督としてデビューをはたす。98年には『踊る大捜査線THE MOVIE』の監督を務め、この年の邦画興行収入トップを記録した。続く『踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』は観客動員数で日本実写映画歴代1位を記録し、いまだその記録は破られていない。

その本広がディレクターを務める『さぬき映画祭』は、映画・映像による地域文化の振興と香川県の活性化を図るために、2006年から毎年開催されているイベントで、来年で7回目を迎える。本広が香川県出身ということで今回ディレクターへと、白羽の矢が立った。香川ニュースによると、既にディレクターとして活動を始めている本広は、来年2月に高松市内で開催される上映会に向け、有料上映作品の検討やゲストの人選などを進めているのだそう。そして本広は実行委員を通じて「さぬき映画祭を変えます!故郷の皆さんに映画の素晴らしさを全力で伝えます」とコメントを寄せている。本広の活躍に注目したい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

             

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。