【S40News!】ホンダが開発した芝刈りロボット『Miimo』。

欧州ホンダは自動芝刈りロボット『Miimo』を発表した。

近年、『ルンバ』に代表されるお掃除ロボットが人気を集めているが、ホンダはこのアイデアをASIMOに代表されるロボット技術を活用して芝刈りに応用してしまった。

お掃除ロボット同様、指定された領域内の草を自動で刈り取る機能をもっているが、このロボットの特徴はそれだけではない。なんと刈り取った芝は細かく切り刻んだ上で散布するので、刈り取った芝を集めて廃棄する必要がないうえ、芝の成長を促す天然の肥料にもなるのだという。

駆動エネルギーは高性能リチウムイオン電池から供給され、もちろん再充電が必要になればドッキングステーションに戻って自己充電する。このあたりはASIMOなどの技術が応用されているのだろう。

『Miimo』はサッカー場やラグビー場など芝を使用した競技が盛んな欧州での使用が見込まれており、2013年内には発売するとのこと。300mと500mの2つの範囲に対応したモデルが用意されており、500mのモデルはサッカーのピッチの半分の面積、約3,000平方mの総芝生サイズまで対応するとしている。ASIMOの弟分として市場を開拓できるか、注目が集まる。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*