【S40News!】ソニーより手回し充電可能なポータブルUSB電源が発売。

ソニーは、手回しによる充電機能を追加したポータブルUSB電源『CP-A2LAKS』を発売する。従来からのコンセントによる充電に加え、屋外や停電時でも充電できる“手回し充電機能”が追加されており、約3分間の手回しによってスマートフォンで約1分間の通話に相当する電力を充電できる。

それぞれのユニットが分割されているのが特徴。左からUSB出力部、AC入力部、手回し発電入力部

格納式電源プラグを搭載した“AC充電部“と、手回しハンドルを搭載した“手回し発電入力部”、充電式リチウムイオン電池とUSB端子を内蔵した“USB出力部”と、3つの異なる部位で構成されているのが大きな特徴。コンセントが使える自宅や勤務先などでは、“AC充電部”と“USB出力部”を接続した状態でコンセントに差し込むことで充電する。一方、屋外や停電時などコンセントを使えない環境では、“手回し発電入力部”と“USB出力部”を接続した状態でハンドルを回すことで、充電が可能となる。コンパクトで軽量な“USB出力部”のみを取り外して持ち運べ、外出先でスマートフォンや様々なモバイル機器の予備電源として使用できるのだ。

電池容量は4,000mAhで、多くのスマートフォンを約2回分満充電することができる。また、従来モデルよりもUSB出力値を向上させているため、充電に要する時間を短縮することができるようになったという。同社によれば、スマートフォンの満充電までの時間が310分→130分へ約58%の短縮されたとしている。さらに出力部にはUSB端子が2つ設置されており、2台同時に充電が可能だ。

普段は使わないだろうが、電力不安が高まっている今、いざというときに頼りになる充電器を手元においておくと心強い。価格はオープンで実勢価格は8,000円前後。また、手回し発電入力部が付属しない『CP-A2LA』『CP-A2LAS』もあり、それぞれ実勢価格は4,500円前後の予定だ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*