ゆけゆけデューク、とべとべサウジアラビア!? 実物大の『UFOロボ グレンダイザー』立像がギネス世界記録に。男子のロマンは万国共通!

おはこんばんちはです!
「S40ニュース!」「S50ニュース!」ドッチーモ的にお送りします。

1975年 10月にスタート、当時のUFOブームを反映した「スペイザー」との斬新な合体設定もウケて、1年半近くにわたり全74話が放送された人気アニメ『UFOロボ グレンダイザー』。『マジンガーZ』『グレートマジンガー』に続く永井 豪先生原作のスーパーロボットシリーズ3作目ということで 兜 甲児も登場、「TFO」や「ダブルスペイザー」でグレンダイザーを援護していましたよね。

昭和40年男世代ならリアルタイムで観ていた人も多いでしょうし、昭和50年男世代にも再放送やテレビゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズへの登場などでお馴染みのことでしょう。

 
そんな『グレンダイザー』ですが海外でも非常に人気が高く、『Goldorak (ゴルドラック) 』と改題して放送されたフランスでは驚異の視聴率100%を記録したことも…!

同じく中東各国でも大人気で、それを証明するかのように先月、2022年 11月21日 (月) には、サウジアラビアの首都リヤドで開催中のイベント「ブールバード・ワールド」に、全高33.7mという実物大サイズの金属製立像が登場しました!!
 

▲グレンダイザー像の上空からドローンで撮影されたカット

 
この巨大グレンダイザー像は、リヤドに本拠地を置く、その名も「マンガプロダクションズ」がダイナミック企画とIPライセンス契約を締結し、その最初の取り組みとして、やはりサウジアラビアの企業・セラ社と共同制作したもの。

そしてこの度、“世界最大の架空のキャラクターの金属製彫刻” として、「ギネス世界記録」にめでたく認定されたとのこと。このニュースを受けて、ネット上のロボットファンも “これはサウジアラビアに行かねば!” と、主人公のデューク・フリードばりに、ゆけゆけムード (?) が盛り上がっております。

日本国内にも実物大ガンダムが各地に、さらには動くガンダムだってありますが、“世界最大” でギネス認定となると、なんだかお株を奪われたようでちと悔しくもあり、日本発のロボットキャラクターが世界一! と考えればやっぱり誇らしくもあり…?

ともあれ今後、日本国内で世界最大の奪還を狙うとしたら、ゲッターロボか、コンバトラーVか、はたまたエヴァかイデオンか…!? と妄想がふくらみます。

巨大ロボは永遠に男子のロマン! そして、その想いは世界共通… なのかもしれませんネ。
 
(「昭和シリーズ」 “Web担当A” )
 
 
[以下、Manga Productions  ニュースリリース より]

リヤド発 = 12月15日: マンガプロダクションズ(サウジアラビア・リヤド)は、サウジアラビア首都リヤドで「UFOロボ グレンダイザー」の世界最大立像を公開したことを発表しました。

立像の公開に先立ち、マンガプロダクションズはダイナミック企画株式会社(東京都)と「UFOロボ グレンダイザー」の中東でのゲーム・アミューズメント施設・イベントにおけるキャラクターの利用等を含む、IPライセンスに関する戦略的パートナーシップ契約を締結し、その最初の取り組みとして、グレンダイザー像をサウジアラビアのセラ社と共同制作しました。

この「グレンダイザー」像は、世界最大の架空のキャラクターの金属製彫刻としてギネス世界記録に認定されました。

11月21日のオープン以来、世界各地から観光客やメディア関係者などの30万人以上が訪れた「ブールバード・ワールド」に、全高33.7mの「グレンダイザー」像がそびえ立ちました。


マンガプロダクションズCEO イサム・ブカーリ氏は、「アニメは、国内外の観光客をターゲットにしたイベントや観光地の活性化に有効であるため、『UFOロボ グレンダイザー』の域内外における人気は、世界最大の像を皮切りに、あらゆるエンターテイメントの強化に繋がることとなります。

『UFOロボ グレンダイザー』のプロジェクトは、マンガプロダクションズのビジネス分野における重要なマイルストーンであるため、すべての『UFOロボ グレンダイザー』ファンにとって比類なきエンターテインメント体験となるこのパートナーシップを是非とも実現させたいと思っておりました。弊社はこれまでにも、日本の複数の企業と様々なプロジェクトでパートナーシップを組んでまいりました。」とコメントしています。

ダイナミック企画株式会社 取締役副社長 永井一巨氏は、「世界最大の架空のキャラクターの金属製彫刻『UFOロボ グレンダイザー』立像としてギネス世界記録に認定を嬉しく思います。今後とも中東でマンガプロダクションズと共にイベントを通じたエンターテインメントを展開できるよう努めてまいりたいと思っております。」

マンガプロダクションズ マーケティング・流通・ビジネス開発担当ディレクター、アブドルアジーズ・アルナグムーシ氏は、「リヤドの中心部での『グレンダイザー』像の立ち上げは、マンガプロダクションズのライセンス、流通、マーケティング分野を最高レベルに引き上げることに貢献するものであり、我々は、ライセンスと流通分野の質的飛躍を喜ばしく思います。弊社は、サウジアラビアのクリエイティブ産業において、屈指の機会を創出しております。」とコメントしています。(了)
 

【マンガプロダクションズについて】

マンガプロダクションズは、優れたコンテンツを通じて、サウジアラビアの文化を世界に伝えることを目的とし、アニメーションやビデオゲームの制作に意欲的に取り組んでいます。同社は、サウジアラビアやアラブの若者の才能を育成し、若い世代に良い価値観や道徳観を根付かせるため、色々なテーマに焦点を当ててコンテンツをプロデュースしています。
 

【会社概要: マンガプロダクションズ = Manga Productions】

住所 : Al-Fazary Square, Diplomatic Quarter, Riyadh, KSA
代表者: CEO:ブカーリ・イサム = Dr. Essam Bukhary
問合せ: マンガプロダクションズ 東京オフィス(東京・千代田区 内幸町)
URL     : http://www.manga.com.sa

Twitter   : https://twitter.com/manga_prd
YouTube   : www.bit.ly/2RzWzB9
Instagram: www.instagram.com/manga_prd
Facebook  : www.facebook.com/mangaproductions
 

 


 
■「昭和シリーズ」SNSも展開中! フォロー&シェアで、ゼヒ応援よろしくお願いします! 

『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna
 
 
「昭和ジェネレーションパラダイス」
 公式サイト https://www.genepara.com
 Facebook https://www.facebook.com/showagenepara
 Twitter     @showagenepara https://twitter.com/showagenepara

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。→ https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*