【S40News!】コンパクトSUV『Audi Q3』発売。

アウディは、アウディ初のコンパクトSUV『Audi Q3』を、5月8日より発売した。

『Audi Q3』は、同社のSUVブランドであるQシリーズのエントリーモデルとなる。全長4.39mのボディに、2.0TFSIエンジン、フルタイム4WDシステムquattroを組み合わせている。パワーユニットには170PSと211PSの2種類のガソリンエンジンがラインナップされ、共に過給システムと直噴方式を採用している。また、スタートストップシステムとエネルギー回収システムを標準装備し、燃費性能にも配慮している。

さらに、211PS仕様はオプションでアウディドライブセレクトが選択できる。これはドライバーが任意にセレクトできる「コンフォート」、「オート」「ダイナミック」「エフィシェンシー」の4つのドライブモードに合わせて、ステアリングギヤレシオ、変速パターン、ダンパーの減衰力、スロットル開度などが統合制御される機構だ。特に“エフィシェンシー”選択時には、コースティングモードが作動。惰力走行時に自動的にクラッチを切り、エンジンブレーキを抑えることにより燃費向上を図るという。

ラゲッジスペースは、標準で460L、分割可倒式のリヤシートをすべて倒せば、奥行き1632mm、容量1,365Lにまで拡大できる。価格は211PS仕様が479万円、今秋より納車予定の170PS仕様のエントリーグレードが409万円。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。