衝撃の事実が明らかに!? Disney+でついに配信『ザ・ビートルズ:Get Back』。PUFFYとの知られざる縁にファン騒然の上映会レポート!!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

“伝説が現代に甦る、42分間のラスト・ライブ。この秋、世界は “4人” の本当の姿を知る─”
 
…ということで、こちらのニュースでも以前お伝えした全音楽ファン必見のドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』
ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)にて今週、2021年 11月25日 (木)・26日(金)・27日 (土) の3日連続、全3話見放題で独占配信がスタート。
 
すでに観た!という方も多いかと思いますが、大いに話題となっている、伝説のルーフトップでのライブのノーカット映像をはじめ、初めて観る貴重シーンの数々に、この週末は日本中のビートルズファンが感激・感涙にむせんでいることでしょう。
そんな話題作の配信初日となった 11月25日 (木) 、ピーター・ジャクソン監督自身が編集し、約100分にまとめたスペシャル・エディションのプレミア上映会が、TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン5にて、ドルビーアトモスの高画質・高音質で開催されました。
 
上映前には TOKYO FM の番組『THE TRAD』プレゼンツのトークショーも実施。司会はハマ・オカモト (OKAMOTO’S) と中川絵美里。ゲストには「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」のカバーでも知られる、PUFFY の大貫亜美さん、吉村由美さんの二人が登壇し、ビートルズの魅力から、彼らから受けた影響まで語ってくれたとか。
さてさて、このトークショーの様子を記録したオフィシャルレポートが届けられました。
 
PUFFYの由美ちゃんのお父さんはホテルマンをしていて、ジョンとヨーコの担当になったことがあり、その時にもらったサインが残っているとか…。そんなエピソードもチェック! ということで以下、ご覧くださいませ。
 
ちなみに「昭和トリオ」編集部員も上映会に参加してきたそうなので、本誌の方でも今後何かあるかもしれませんよ~? ということで、乞うご期待!
 
(「昭和トリオ」 “Web担当A” )
 
 
[以下、ディズニープラス  ニュースリリース より ※11/25付

『ザ・ビートルズ:Get Back』 スペシャル・エディション最速プレミア上映会 概要

◆日程: 11月25日(木)
◆場所: TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン5
    (千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 4F)

◆登壇ゲスト: PUFFY 大貫亜美・吉村由美
        ハマ・オカモト(OKAMOTO’S) 中川絵美里
 
本作を、日本で唯一スクリーンで見ることが出来る機会ともあって、場内が観客の期待と興奮で満ち溢れる中、司会のハマ・オカモトと中川絵美里が登場。
 
TOKYO FM「THE TRAD」の生出演を終えて駆け付けた二人によるオープニングトークを挟み、続けて PUFFY の大貫亜美・吉村由美の二人とハマが、本作に合わせ1970年代を意識した、子供のころに着ていた柄物の衣装に身を包み、自身のカバーによる “ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンド” に合わせて登場すると、大きな拍手で迎えられトークイベントがスタートした。
 
はじめに、ザ・ビートルズの印象・出会いについて語ってもらうことに。
 
吉村は「中学一年で初めて英語を習いますよね。その時、英語の先生がカセットテープで洋楽を流してくれたんですけど、一番最初に流した曲が『イエスタデイ』だったんです」と、ザ・ビートルズと初めて出会った学生時代を振り返った。

続いて大貫に尋ねると、「父はホテルマンをしてまして、父の勤務するホテルにジョンとヨーコが泊まりに来て、二人の担当になったんです。なんと実はサインも持っているんです…!」と、衝撃の発言に場内が騒然! さらに「父が洋楽好きで生まれたときからずっとかかっているアーティスト」と、幼少期からのザ・ビートルズとの繋がりを明かしてくれた。
 
続いて PUFFY と ザ・ビートルズ とのつながりを感じられるエピソードへ。
 
PUFFY の代表曲といえば、プロデューサーである奥田民生が手掛けた「これが、私の生きる道」だが、この楽曲には、ザ・ビートルズの曲がモチーフとなった箇所が随所にあるという。さらに、登壇時に流れた「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンド」のカバー理由については、「二人して歌いたいと挙げた曲がこの一曲」と楽曲への愛を語り、会場の音楽ファンたちを喜ばせた。
 
57時間以上の未公開映像と150時間以上の未発表音源を3年かけて復元・編集され、これまでに見たことのないほど親密な4人の姿と伝説のルーフトップでの屋上ライブが初めてノーカットで見ることが出来ると話題になっている本作。
 
そこで本作にかけて、PUFFY の二人に、レコーディングの風景を撮られることについて聞くと、大貫は「撮影されるのって…嫌じゃない?」と回答。「撮られることも多くあるが、見返すとあまりにも感じが悪く反省する…」とハマが返すと、「ハマくんは(バンドで)誰に一番当たり強いの? 笑」と質問を返し、場内の笑いを誘った。

全世界で公開された予告編を見た二人は「ほんとにキレイ! 現代みたい!」と映像のクオリティにも驚嘆した様子。さらに、本作では、これまで聞き取ることができなかったレコーディング中のメンバー間の会話がAIによってクリアに復元されたポイントについて紹介されると、二人は「すごい! どうやって? なんでそんなことができるの!?」と改めてピーター・ジャクソン監督の最新技術に感服した様子だった。
 
イベント終盤、観客にはサプライズで、ピーター・ジャクソン監督から日本のファンに向けたスペシャルメッセージを上映! ピーターは配信を待ちわびているファンに向けて「本作では唯一描かれるコンサート・シーンが1966年の日本の武道館で演じた “ロックンロール・ミュージック” なんだ」とメッセージを語り、日本のファンには嬉しいサプライズでトークイベントは大盛況の中幕を閉じた。
 
 
これまでのイメージを覆す、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの深い絆。解散後約半世紀を超え、今、遂に明かされる ≪衝撃の真実≫ とは? あなたは、ディズニープラスで知られざるビートルズの歴史の1ページを目撃する。『ザ・ビートルズ:Get Back』は 11/25(木)、26(金)、27(土)ディズニープラスにて全3話連続見放題で独占配信スタート!
 

【作品情報】

伝説のロックバンド、ザ・ビートルズの3日連続6時間超の時空を超えた《体験型ドキュメンタリー・エンターテイメント》が、ディズニープラスで独占配信。巨匠ピーター・ジャクソン監督によって、“Get Back(復活)” を掲げて集まった4人が名盤「レット・イット・ビー」に収録され
る名曲の数々を生み出す歴史的瞬間や、ラスト・ライブとなった42分間の “ルーフトップ・コンサート” が史上初ノーカット完全版として甦る。解散後、半世紀を超えて明かされる衝撃の真実とは?
 
監督: ピーター・ジャクソン
出演: ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター

公式サイト: Disney.jp/TheBeatles
 

■ディズニープラスとは:

Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの名作・話題作に加え、スターブランドとして大人が楽しめるドラマや映画も。ここでしか見られないオリジナル作品も見放題。

公式サイト: https://www.disneyplus.com/ja-jp
公式 Twitter: @DisneyPlusJP
公式 Instagram: @DisneyPlusJp
  

© 2021 Disney and its related entities
 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*