亡き筒美京平に捧ぐ… 豪華歌手が集結した奇跡のコンサートの模様が、WOWOWで10/3放送・配信。これに先駆けライブレポートが公開に!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。
 
2020年10月7日に惜しまれつつもこの世を去った希代の作曲家、筒美京平。作品総売り上げ数は歴代1位の7,600万枚を誇り、生前より “日本音楽界の至宝” として讃えられてきましたが、テレビや雑誌の追悼特集により若い世代にまでますますの注目が集まっています。
 
そんな筒美京平による楽曲のみで構成された『ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート』が今年春、2021年 4月17日 (土)・18日 (日) の2日間にわたり開催。東京国際フォーラム ホールAにて各日3時間超、豪華アーティストによる名曲づくしでまさに夢のような夜が繰り広げられました。

(c) mitsuo shindo
(c) mitsuo shindo

 
岩崎宏美、太田裕美、郷ひろみ、ジュディ・オング、野口五郎、斉藤由貴、早見 優、松本伊代など、筒美に持ち歌を提供されヒットを飛ばしたお馴染みのレジェンド歌手たちが続々と登場し、さらに意外なアーティストによるカバー歌唱も多数披露。

伝説として語り継がれること必至のこのコンサートの模様が、WOWOWでいよいよ今週末、2021年 10日3日 (日) の17時より放送されます。放送終了後から1ヶ月間、オンデマンドでのアーカイブ配信もあるそうなので、リアルタイムでは観られないという人も、都合のいい時に安心してじっくりと楽しめます。
 
奇跡のコンサートを現場で体験できた人には、感動をもう一度! 残念ながら行けなかった…という人もこの絶好の機会をお見逃しなく。

そして、いよいよ放送直前となったこのタイミングで、今回の放送・配信への期待をますます高めてくれるライブレポートも公開となりました。以下にてゼヒともチェックを!
 
(「昭和トリオ」 “Web担当A”) ※文中敬称略
 
 
[以下、WOWOW  ニュースリリース より]

 

​2020年10月7日に惜しくも逝去した希代の作曲家、筒美京平。作品総売り上げ数は歴代1位の7600万枚を誇る、日本音楽界の至宝である。4月17日(土)・18日(日)の2日間、各日3時間超にわたり東京国際フォーラム ホールAで繰り広げられた『ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート』。
 
1968年の「ブルー・ライト・ヨコハマ」に始まり、2003年の「ABMITIOUS JAPAN !」など、1960年代から2000年代まで各年代でオリコンチャート1位を獲得したヒット曲群を連打。出演者総出で声を揃えた「また逢う日まで」のフィナーレに至るまで全曲を筒美作品で構成し、名曲ひしめく奇跡のコンサートを送り届けた。

▲岩崎宏美

ステージにはレジェンドが代わる代わる登場し、時を経ても色褪せることのない持ち歌を披露。岩崎宏美が「ロマンス」と「シンデレラ・ハネムーン」で凛とした歌声を響かせ、松本伊代は「センチメンタル・ジャーニー」を、早見優は「夏色のナンシー」を、’80年代当時の振り付けと共に歌い届け、心を揺さぶった。斉藤由貴は「卒業」をフレーズ一つひとつ慈しむように歌唱。
 
郷ひろみは’72年のデビュー曲「男の子女の子」をはじめ、自身初オリコン1位となった「よろしく哀愁」などを華麗にパフォーマンス。「甘い生活」など3曲を披露した野口五郎は、「今日ほど “客席に座って観てみていたいな” と思った日はございません」と語り、筒美楽曲のレパートリーが108曲と最多であることを明かすと大拍手が送られた。「木綿のハンカチーフ」などを届けた太田裕美は、女性歌手では提供曲数が最多であることを「自慢です」と微笑んだ。
 
各アーティストが筒美への想いを語るMCに共通して溢れるのは、深い感謝と敬意。思い出話はそのまま日本音楽史の貴重な記録ともなっている。ジュディ・オングは「魅せられて」を披露。大きな鳥の翼を思わせる伝説的な衣装を身にまとい、観客を眩い夢の世界へと誘った。
 
WOWOWのスペシャルプログラムに織り込まれたインタビューで出演者が異口同音に語っている通り、筒美京平は、歌手一人ひとりの個性を生かしたメロディーを生み出す天才であることを改めて実感するコンサートだった。

松本伊代
▲松本伊代
野口五郎
▲野口五郎

​持ち歌を披露する歌手に加え、豪華アーティストが次々に登場し、筒美京平ワールドを共に織り成した。朝丘雪路の「雨がやんだら」を夏木マリが、桑名正博の「セクシャルバイオレット No.1」を大友康平が、田原俊彦の「抱きしめてTONIGHT」を藤井 隆が歌唱するなど、意外性に驚くと同時に聴き入った。また、薬師丸ひろ子の「あなたを・もっと・知りたくて」を武藤彩未が、小泉今日子の「なんてったってアイドル」を乃木坂46(伊藤純奈・樋口日奈)が歌った場面は、筒美京平ワールドを歌い繋いでゆく未来を感じさせた。
 
編曲家として筒美と名タッグを組んできた船山基紀が音楽監督を務め、バンド “船山基紀とザ・ヒット・ソング・メーカーズ” を指揮し、至高の生演奏で全曲を支えた。船山が「先生、ありがとうございました」と天を仰ぎ、出演者全員と共に礼をした感動的なエンディング。筒美京平への愛とリスペクトに満ちた、夢のようなコンサートだった。

早見 優
▲早見 優
斉藤由貴
▲斉藤由貴
郷ひろみ
▲郷ひろみ
ジュディ・オング
▲ジュディ・オング

コンサート写真: (c) 国吉辰一
 
 
<番組情報>

ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート
10日3日(日) 午後5:00 [WOWOWライブ][WOWOWオンデマンド]

※放送終了後 ~1カ月間 アーカイブ配信あり

出演  : 岩崎宏美、太田裕美、郷ひろみ、ジュディ・オング、野口五郎、
      斉藤由貴、早見 優、松本伊代、ほか
収録日 : 2021年 4月17日、18日
収録場所: 東京 東京国際フォーラム ホールA

※スマホやタブレットでも見られるWOWOWオンデマンドでは無料トライアル実施中
 
 
<番組サイト>
https://www.wowow.co.jp/kyohei-tsutsumi/
 

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*