ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】SHURE初のオープン型ヘッドホン。

【S40News!】SHURE初のオープン型ヘッドホン。

2012 年 1 月 15 日 編集部員 コメント

フラッグシップモデルの『SRH1840』。ヨークには軽量で頑丈な航空機グレードのアルミ合金を採用している。価格は7万円前後を予定

スタジオモニターヘッドホンの分野でサウンドエンジニアなどから高い評価を得ているSHUREから、同ブランド初となる開放型ヘッドホンが発売される。

 

同ブランドのヘッドホンはこれまですべて密閉型を採用していた。モニター機ではヘッドホンからの音漏れには不都合があるため好まれない。用途を考慮すれば当然なのだが、同社の開発力を注ぎ込んだオープン型モデルを聴いてみたいと願うオーディオファンも多いことだろう。

 

今回、新たに発売される開放型ヘッドホン『SRH1840』と『SRH1440』は、その願いを叶える製品。前者はヘッドホンアンプの併用を前提としたフラッグシップモデル。

 

通気孔のあるセンターポールピースを備えたスチールドライバーフレームが空気の流れや圧力を調整し、内部での共鳴を抑えることでどんな音量でも一貫した性能を実現するとしている。一方、後者はオープンバック型の良さを保ちつつ適度な遮音を実現したモデル。ネオジム磁石採用の40mmダイナミックドライバーや強固なハウジング、リアダンパースクリーンなど上位モデルに準じた構造で精緻な高域と豊かな低域を再現するという。どちらもSHUREファンなら待望の一品だ。

 

『SRH1440』はプレミアムパッド入りのスチールフレーム・ヘッドバンドを装備し、長時間の使用でも快適な装着感を実現。価格は4万円前後を予定

 

    

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。