ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】スズキの電動スクーター『e-Let’s』発売。

【S40News!】スズキの電動スクーター『e-Let’s』発売。

2011 年 12 月 11 日 編集部員 コメント

スズキは、家庭で充電できる着脱式バッテリーを採用した原付一種の電動スクーター『e-Let’s』を2012年1月9日より発売する。

エンジンスクーターのユーザーが違和感なく乗り換えられる実用的な電動二輪車の普及を目的として、低騒音・低振動・排出ガスゼロの原付一種電動スクーターとして開発が進められたという本モデルは、『レッツ4バスケット』をベースに、回生充電が可能なインホイールモーターとリチウムイオン電池を組み合わせた車体構成を持つ。装備重量(専用充電器を除く)は『レッツ4バスケット』よりも2kg軽量化されている。

装備されるリチウムイオンバッテリーは、車体から取り外して充電できる着脱式を採用。バッテリーの状態を監視するBMU(バッテリーマネジメントユニット)を内蔵し、1回の充電(家庭用100Vで約4時間)で30kmの走行(30km/h定地走行テスト値)を可能としている。また、シート下に専用充電器またはスペアバッテリーを収納することができるため、出先で充電やバッテリーの交換が可能。

今回はバッテリー1個に専用充電器を装備した基本仕様に加え、スペアバッテリー1個を追加して行動範囲を広げた『e-Let’s W』も設定しており、価格は基本仕様が31万2,900円、『e-Let’s W』が39万6,900円(保険料・消費税以外の税金・登録に伴う費用を除く)。

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。