ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】タメ年が手がけたワインの味とは?

【タメ年たちの大活躍!】タメ年が手がけたワインの味とは?

2015 年 6 月 16 日 編集部員 コメント

甲州ヴェルディーニョ 2013年

甲州ヴェルディーニョ 2013年
アルコール分:10%/容量:720ml/価格:1,598円(参考小売価格・税込)

昭和40年生まれのワイン工場長・田澤長巳が手がけたワイン『甲州ヴェルディーニョ 2013年』が発売中だ。

 

本坊酒造・山梨マルスワイナリーで手掛けた、各年号の年に甲府盆地で収穫された適熟甲州葡萄から、フリーランジュースのみを用いて低温発酵を行ない瓶詰めした白ワインだ。舌先にわずかに発酵由来の炭酸ガスを感じ、新鮮な果実味と酸味が口の中に広がるのが特徴だという。

 

本ワインの醸造責任者である田澤は、同社サイトにて「これまで人生の半分以上この仕事に従事してきましたが、経験した仕込みはたったの20数シーズンしかありません。 ワイン造りは毎年が試行錯誤の繰り返しで答えがない難しい世界。だからこそ一期一会の精神で、その時の葡萄に最適な醸造方法を見つけだしてあげ、世界に一つだけ、マルスだけの美味しいワインを造り出していきたいです」と語っている。タメ年が丹精込めて作ったワインをぜひ楽しんでみてはいかがだろうか。

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

  1. コメントを募集しています。