ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】リニューアルする東京庭園美術館で「アール・デコ建築」展示。

【S40News!】リニューアルする東京庭園美術館で「アール・デコ建築」展示。

2014 年 11 月 11 日 編集部員 コメント

東京庭園美術館

東京庭園美術館

《正面外観》 (松井写真館/ 1933年頃)

《正面外観》 (松井写真館/ 1933年頃)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1933年に朝香宮邸としてアール・デコ様式で建てられた東京都庭園美術館・本館。今回、大規模な改修工事を終えて、リニューアルオープンする。それを記念して展覧会が開催される。

 

東京にはたくさんの美術館が存在する。ずっと気になっていてまだ訪れたことがない美術館のひとつが東京都庭園美術館だ。 約3年間にわたる改修工事が終わり、いよいよ今月リニューアルオープンするという。 それを記念して 『アールキテクツ/1933/Shirokane/アール・デコ建築をみる展』が行われる。

 

パリのアール・デコ建築に魅せられ、その建築空間を日本に再現したいと 朝香宮夫婦が建てた邸宅が東京都庭園美術館の本館にあたる。フランス人デザイナーや宮内省匠寮の技師たち、そして漆職人、左官職人など多くの技術者が関わり、それぞれの技が駆使され作られた。 この展示会では、設計者、技術者たちアーキテクツに焦点をあて、 日本のアール・デコ建築が生まれるストーリーを追っている。

 

リニューアルオープンにともない新館にはカフェとショップもオープンし、オリジナルグッズや スイーツも楽しめる。建築に関わる仕事をしている方はもちろん、建築に少しでも興味のある方はぜひ足を運んでほしい。

 

アールキテクツ/1933/Shirokane/アール・デコ建築をみる展

日時:11月22日(土)~12月25日(木)

場所:東京都庭園美術館・本館

料金:一般 700円 他

 

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。