ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】与田 剛と武田一浩が対談。

【タメ年たちの大活躍!】与田 剛と武田一浩が対談。

2014 年 9 月 3 日 編集部員 コメント

週刊ベースボールONLINE

『週刊ベースボールONLINE』より

昭和40年生まれの元プロ野球選手・与田 剛と武田一浩の二人の対談記事が『週刊ベースボールオンライン』にて掲載されている。

 

中日に入団して最優秀救援と新人王を獲得した与田 剛、日本ハム時代には最優秀救援、ダイエー時代には先発として最多勝を獲得した武田一浩の両氏は、いずれも昭和40年生まれ。与田は『昭和40年男』本誌(Vol.24)にも登場して自らの野球人生について語っており、記事を覚えているという読者もいらっしゃることだろう。現在は両氏ともに野球解説者として活躍中だ。

 

その二人がストッパーとしてのエピソードやプレッシャー、同級生同士のライバル心などについて語っている。特に現在のような1イニングしか投げないストッパーとは違い、イニングまたぎも当たり前、いつ声がかかるかわからないような状態で準備をして待つことは苦労があったようだ。武田は先発とストッパーでは肩をつくるまでの投球数が違っていたというエピソードも披露している。

 

また、記事のなかでは同級生の名前も多数あがり、投手では水野雄仁(巨人)、渡辺久信(西武)、小野和義(近鉄)、山本 昌(中日)、星野伸之(オリックス)、加藤伸一(ダイエー)、津野 浩(日本ハム)、打者では佐々木誠(ダイエー)、岸川勝也(ダイエー)、村上嵩幸(近鉄)らについて話が及んだ。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

     

  1. コメントを募集しています。