ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】Chirolynがツアーファイナルを迎える。

【タメ年たちの大活躍!】Chirolynがツアーファイナルを迎える。

2014 年 1 月 23 日 編集部員 コメント

スクリーンショット 2014-01-23 10.56.55昭和40年生まれのミュージシャン・Chirolynが昨年10月よりスタートした全国アコースティックツアーが2月21・22日の東京・渋谷Wasted Timeの2daysでファイナルを迎える。

 

本誌vol.12『自分色に生きる』に登場してくれたChirolyn(チロリン)は、20歳のときにバンドデビューし、解散後は小泉今日子のツアーベーシストや布袋寅泰、吉川晃司、Gackt、ウルフルズなどなどそうそうたるアーティストのバックバンドでベーシストとして活躍している。1994年にはhideのソロプロジェクトのベーシストとして起用され、98年に伝説のバンドhide with Spread Beaverにも参加。また2000年にはミニアルバム『ZOKKON』でソロデビューし、07年からはアコースティックでのソロ活動を開始した。

 

そのChirolynは現在、昨年10月よりスタートした、アコースティック+ドラム&ベースでアドリブセッションなどを行なう全国ツアー『Snake Pit tour 2013』で全国をまわっている。会場によってはギタリストやキーボーディストも参加し、毎回盛りだくさんの企画で、ライブハウスは大いに盛上がっているようだ。そのツアーが2月22日(土)東京・渋谷のWasted Timeでファイナルを迎えることとなった。ツアーはこれから滋賀、大阪、岡山で行なわれる。Chirolynは、ツアー終了後、長期レコーディングと充電期間に入るため、しばらくライブツアーは見られない。タメ年ミュージシャンの熱いステージを見に足を運んでみてほしい。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

  1. コメントを募集しています。