ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】美術家・会田 誠が対談講座を行なう。

【タメ年たちの大活躍!】美術家・会田 誠が対談講座を行なう。

2013 年 3 月 3 日 編集部員 コメント

本誌vol.17の連載『荒海に生きるタメ年男』に登場してくれた会田。現在開催中の個展では、会田の初期の代表作から日本未公開作品4点、最新作7点以上を含む約100点が展示され、会田の全貌に迫る大規模な個展となっている。ぜひ足を運んでみてほしい

本誌vol.17の連載『荒海に生きるタメ年男』に登場してくれた会田。現在開催中の個展では、会田の初期の代表作から日本未公開作品4点、最新作7点以上を含む約100点が展示され、会田の全貌に迫る大規模な個展となっている。ぜひ足を運んでみてほしい

本誌『荒海に生きるタメ年男』に登場した美術家・会田 誠が3月9日に東京・朝日カルチャーセンター新宿室で画家・佐々木豊と対談講座を行なう。

 

会田は会田は東京藝術大学油画科を卒業後、古典と本格を備えつつ題材にエロ、グロ、ロリコン、戦争といった異端のテーマを選び、1990年代初頭より美術界に登場。その作品の数々は、見るものに強烈な不快感と爽快感の両面を与える作品と評され、多くのコレクターを魅了し、後進にも大きな影響を与えている。近年では村上 隆とともに“新ジャポニズム”の代表的な作家として、国際的な評価を確立し、絵画のみならず、立体、写真、陶芸、パフォーマンスなどあらゆる表現手法を駆使し、日本現代美術界の牽引者として多彩な活動を行なっている。

 

その会田と画家の佐々木豊が対談する「美術家『会田誠』を斬る」が開催される。現在、森美術館(東京都港区)で大規模な個展「会田誠展:天才でごめんなさい」を開催し話題となっている会田だが、同対談では佐々木が会田の画業と人となりに鋭く切り込んでいくようだ。対談終了後には、会田の著書『展覧会公式図録兼作品集『天才でごめんなさい』』や佐々木の著書『泥棒美術学校、プロ美術家になる』などが販売される他、サイン会も予定されている。開催時間は13時~14時30分。定員は70人、事前申込制。申し込み方法はホームページで確認を。

 

■『会田誠展:天才でごめんなさい

会場:森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)

会期:2013年3月31日(日)まで ※会期中無休

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

   

  1. コメントを募集しています。