ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】プロダクトデザイナー・荻野光宣がWEBマガジンに登場。

【タメ年たちの大活躍!】プロダクトデザイナー・荻野光宣がWEBマガジンに登場。

2012 年 12 月 13 日 編集部員 コメント

昭和40年生まれのプロダクトデザイナー・荻野光宣が、デザイン情報WEBマガジン『JDN』で注目デザイン&デザイナーとして紹介された。

 

萩野は会津短期大学デザイン科プロダクトコースを卒業後、株式会社山下家具店で木工家具、株式会社誠晃舎で燕三条の地場産業のデザイン開発を手がけ、91年に独立した。その後、99年に自由な発想と知識、地域に根差したネットワークで活躍するインダストリアルデザイン事務所『エフディーを設立し、新潟県内のとくに燕三条の地場産業で多くのデザイン開発を手がけている。これまでに、家庭日用品をはじめインテリア用品、雑貨、医療機器、情報通信機器などのデザインを手がけ、グッドデザイン賞 AWARD、Wallpaper Design Awards、TOYAMA DESIGN COMPETITION、IDS DESIGN COMPETITION、他受賞作品が多数ある。

 

その萩野が、同Webサイト内の、日本を代表するデザイナーから旬なデザイナーを紹介するコーナーで取り上げられている。そのなかでは、萩野が手がけた、おろしがねやピーラー、薬味オロシ、ワインオープナー、ゴミ拾いトング、パスタメジャー、鉄フライパンなどを取り上げ、ひとつひとつのデザインコンセプトが紹介されている興味深い記事となっている。こちら興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。

 

また萩野が手がけた製品は現在、同じく昭和40年生まれのデザイナー・ナガオカケンメイが手がける企画展『47 GOOD DESIGN -47都道府県のグッドデザイン賞-』(~2013年1月27日まで開催/東京・渋谷ヒカリエ内 d47 MUSEUM)に新潟代表で『エフディースタイル』(台所用品)が出展されている。

 

■インダストリアルデザイン事務所『エフディー

こちらのWEB SHOPでは萩野がデザインした製品を購入することができる

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

  1. コメントを募集しています。