ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】古田敦也があだち充と対談。

【タメ年たちの大活躍!】古田敦也があだち充と対談。

2012 年 11 月 12 日 編集部員 コメント

『ダ・ヴィンチ』12月号(メディアファクトリー)

元ヤクルトスワローズ選手で、監督も務めた昭和40年生まれの古田敦也が、雑誌『ダヴィンチ』(メディアファクトリー発行)12月号で漫画家・あだち充と野球対談を行なった。

 

古田は1990年にヤクルトスワローズにドラフト2位で入団。打者としてはプロ入り2年目に首位打者を獲得し、捕手としては強肩と頭脳を活かした野球で、攻守ともにチームを牽引した。2006年には、プロ野球史上29年ぶりとなる選手権監督に就任し、翌年の現役引退と同時に監督も退任。現在はスポーツキャスターなどで活躍を続けている。

 

そして今回『ダヴィンチ』が、高校野球を題材に描いた漫画『タッチ』や『H2』、主人公と2人のみゆきの三角関係を描いた青春ラブコメディ『みゆき』の作者・あだち充の特集を組んでいるのだが、その1企画で、古田とあだちの対談が行なわれた。

 

昭和40年男のなかにも、中・高時代に『タッチ』と『みゆき』を読み始め、さかのぼって『ナイン』や『陽あたり良好!』、そして『ラフ』『H2』などを読んだという人も多いのではないだろうか。古田もあだち作品のファンのひとりのようで、あだちの描く野球漫画の魅力のひとつに、名脇役でもあるキャッチャーの存在が大きいのだが、古田は『タッチ』に登場するキャッチャー・松平孝太郎についての想いを話したり、野球の駆け引きのおもしろさを教えてくれたのは『タッチ』だったなど話している。また対談では、あだちのもうひとつの野球漫画『H2』に登場する主人公のチームメイトの野田 敦が、野村(克也)監督と古田をモデルにした(“野田 敦”の名もふたりの名前を混ぜて作った)という秘話が登場したりするなど、『タッチ』ファン、あだち充ファンにはたまらないスペシャルな対談となっている。ぜひチェックしてみてほしい。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

 

    

  1. コメントを募集しています。