ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】声優・草尾 毅が人気ゲームのメインキャラクターに。

【タメ年たちの大活躍!】声優・草尾 毅が人気ゲームのメインキャラクターに。

2012 年 9 月 11 日 編集部員 コメント

『戦国無双クロニクル2nd(3DS)』コーエーテクモゲームス/9月13日発売 6,090円

昭和40年生まれの声優・草尾 毅が、9月13日に発売されるニンテンドー3DSのゲーム『戦国無奴クロニクル 2nd』で登場キャラクターの声優を務める。

草尾が声優としてデビューしたのは1987年。以降、熱血キャラクターを中心に、『ドラゴンボールZ』のトランクスをはじめ、『ONE PIECE』のコーザ、『SLAM DUNK』の桜木花道、『AKIRA』の甲斐、『機動戦士ガンダムF91』のドレル・ロナなどのアニメの声優や、映画『インディージョーンズ最後の聖戦』 でリバー・フェニックス、『ギルバート・グレイプ』『タイタニック』『ロミオとジュリエット』でレオナルド・ディカプリオの吹き替えを務めるなど、その出演作は多岐にわたる。

ゲーム『戦国無奴』は、プレーヤーは戦国武将となり、戦国時代のさまざまな合戦に参加しながら戦国武将を自分好みにカスタマイズしていき、一騎当千の戦いを繰り広げていくというもの。登場キャラクターは真田幸村をはじめ、織田信長、お市などの他、井伊家の美しい女当主・井伊直虎や新陰流の剣豪・柳生宗矩など多くの戦国時代にその名を刻んだ人物たちが登場する。

 

そして今回、草尾が声優を務めるのは、大阪の役で活躍し、大阪夏の陣では徳川家康の本陣まで攻め込み徳川家康を追いつめた武将・真田幸村だ。ゲーム内での真田幸村のキャラクターは公式サイトによると “真面目で静粛な若武者。信義を重んじ、たとえ困難な状況にあっても己の信じた道を貫き通し、自らの生き様を世に示そうとする激しい闘志を秘めた武士”という設定のようだ。熱血キャラを得意とする草尾が真田幸村を演じるとどのようなものになるのだろう。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

  

  1. コメントを募集しています。