ホーム > S40ニュース! > 【S40News!】廉価な家庭用プラネタリウム『NEWスターミュージアム』発売。

【S40News!】廉価な家庭用プラネタリウム『NEWスターミュージアム』発売。

2012 年 8 月 6 日 編集部員 コメント

ベースモデルとなる『NEWスターミュージアム NSM-01』

スピーカー内蔵の『NEWスターミュージアム NSM-02』


 

ケンコー・トキナーは、家庭向けプラネタリウム『NEW スターシアター NSM-01』を発売した。また、音楽再生機能搭載モデル『NEWスターミュージアム NSM-02』も8月30日に発売予定。

 

家庭用プラネタリウムは、ネオンや過剰な夜間照明などによって夜星が見えにくくなっている現在、失われつつある星空本来の美しさを自宅で手軽に体験できる製品として知られているが、昨今はこれに好みの音楽を再生する機能やオーロラを再現する機能、さらにアロマ機能を搭載するなどして癒し効果を得るための装備が追加され、女性からも人気を集める人気商品。

 

この『NEW スターシアター』は、ベースモデルが7千円前後と比較的購入しやすい価格帯の家庭用プラネタリウムだ。北半球の主な星座、北半球の星、南半球の星を映し出す3つのフィルムが用意されていて、365日の日時指定が可能。星の位置は、北緯35度・南緯35度で観測した場合のものとなっている。星の回転スピードは5段階に設定でき、反時計回りの回転も可能な他、流れ星機能も搭載。

 

8月30日に発売される上位モデルにはスピーカーが付き、Φ3.5mmイヤフォン出力の音楽プレーヤー、スマートフォン、タブレット等に保存された音楽を再生することも可能。好みの音楽を聞きながら満点の星空を楽しむことが可能だ。30分、60分、120分の3パターンで設定できる自動電源オフ機能も搭載するので、セットしておけばそのまま眠りにつくことも。

 

光源には1Wの白色LEDが採用され、電源には単3形電池×3本を使用する。また、音楽再生機能付きの“NST-02”には外部電源も使用できる。サイズは170×170×200(mm)とコンパクト。自宅で気軽に擬似星空体験してみてはいかがだろうか。

 

 

カテゴリー: S40ニュース!
  1. コメントを募集しています。