No Picture
編集長のつぶやき

変〜身、とぉう!

ローリング・ストーンズへと傾倒していった俺は、 絶対的なヒーローであるキースがニヒルに笑い、 ジャック・ダニエルをラッパ飲みして、ギターをひっかく。 そんな姿に震えた。 日に日に、早弾きでソロをとるという行為さえもがかっ

No Picture
編集長のつぶやき

ブルースとソウルに魅せられて。

キースという絶対的なヒーローがルーツとする音楽ということで、 黒人ブルースやソウルにも惹かれていった。 古くて黒っぽい音楽やチェスレーベルのブルース盤を買い漁り、 激動の音楽シーンに背を向けた格好になってしまった。 ここ

編集長のつぶやき

キース・リチャーズ。

プロになると誓い合ったあの日から、俺たちは練習を続け、 やがてオリジナルを引っさげライブハウスで演奏するようになり ホールやライヴハウスを借りて自主イベントも積極的に仕掛けた。 高校時代は音楽の指向がものすごいスピードで

編集長のつぶやき

ヒーローとはちょっと違うのだ。

ギタリストの姉ちゃん経由で ロッド・スチュワートのコンサートに行くことになった俺。 生まれて初めてのコンサートだった。 武道館の後ろの方で席はよくなかったが、オープニングから興奮した。 そのオープニングナンバーであった“

編集長のつぶやき

ロッド・スチュワート。

繰り返すが、中1のとき突如としてロックに目覚めた俺。 クイーンに続き自分で買った2枚目のLPレコードは、 ロッド・スチュワートの“スーパースターはブロンドがお好き”であることは前述したとおりだ。 トラ柄の衣装をまとって歌

No Picture
編集長のつぶやき

なぜかヴォーカル。

教師からプロミュージシャンへと大きく夢の形が変わった俺。 高校に通うものの、完全にバンド中心の生活になった。 しかし信じられないことに、俺のバンドにはヴォーリストがいなかった。 先の中学卒業初ライヴでも1人最低2曲はやる

No Picture
編集長のつぶやき

〆切カウントダウン、その四

3月3日です。  ♪お花をあげましょ、桃の花〜♪ そうです、春ですよー、みなさん。 〆切なんてやってちゃダメーっ!!  ♪出かけませんか? もうすぐは〜るですねぇ、恋をしてみませんか?♪ と、現実逃避して恋をしたいくらい

編集長のつぶやき

〆切カウントダウン、その参

もうこうなったら最終日まで現場の模様をお届けしよう。 さあ、いよいよあと残された時間は今日と明日の2日間となった。 夕べは山ほど積まれたチェック用の原稿を、 ただひたすら誤字脱字を探すなどの校正作業が続いていた。 そんな

編集長のつぶやき

〆切カウントダウン、その弐

今日も現場は熾烈をきわめているので、やっぱりその模様を伝えよう。 昨夜、踏ん張りに踏ん張って10時過ぎ、 とうとう表紙の最終チェックを終えた。 雑誌の命は中身です。 とはいえ、買ってもらえるか否かの第一歩は 「うん、なに

No Picture
編集長のつぶやき

〆切カウントダウン、その壱

毎日毎日、音楽修行のよた話ばかり書いている俺だが、 〆切へ向かってしっかり踏ん張っているんだぞー。 2月は今日で終わりということで、ちょっくら現場報告でもやろうかな。 うれしいことに、前号で掲載した 「次号は22年2月発

No Picture
編集長のつぶやき

プロミュージシャンへの道。

無事受験も終わり、バンド活動にいそしんでいた俺たちは 中学卒業記念ライヴを3月31日に開催することを決定した。 練習を繰り返して臨んだ、生まれて初めてのライヴだ。 このときの選曲がスゴイ。 オープニングはアメリカ国歌を弾

No Picture
編集長のつぶやき

公立と私立の差額の行方?

一応、教師になるべく受験勉強にもいそしんでいた俺。 志望校を絞り込む時期にさしかかったとき、 決して裕福でない家で弟もいるのに私立はどうなのか? そんな想いがあった。 入学金だけでもふたケタ万円の差があるのだから。 そこ