編集長のつぶやき

アン・ルイスに惚れた 〜大編集後記。

最新号のPRを続けさせていただく。今回の特集はド派手なタイトルが気に入っていて、昭和53年をロック元年としたのはかなり俺たち的だ。10コ上や下の、世代以外には???だろうが、今回僕が主張するテレビからお茶の間にロックがガ

編集長のつぶやき

ゴダイゴの衝撃 ~大編集後記。

4章で構成した特集のpart2は、part1でフォーカスした1978年を受けて1979年のシーンで作り込んだ。昨日つぶやいた甲斐バンドによる新年幕開けの衝撃に続いて、中1の頃のある日曜日に突如ブラウン管から飛び出してきた

編集長のつぶやき

甲斐バンドの奇跡 〜大編集後記。

今日も元気に大編集後記をお送りする。4つの章で構成した第2章は、甲斐バンドで幕が開く。part1を、テレビからロックが流れ始めた昭和53年で構成して “胎動の年” と命名した。続くpart2は昭和54・1979年で、“動

編集長のつぶやき

影山ヒロノブ登場 〜大編集後記。

  まだまだしばらく、ただひたすらに僕は最新号のPRをつぶやくのだ。ふっふっふ、巳年はしつこいのだよ。   今回の特集は、サエキけんぞうさんの総括に始まり4つの章と真ん中に閑話休題を配置して構成した。

編集長のつぶやき

リューベン登場 〜大編集後記。

  日曜といえば、ビールと『昭和40年男』ですな。って昨日と一緒じゃん。まあまあ、これまた昨日と一緒で発売後のつぶやきは大編集後記じゃ。   編集会議で日本のロックをやろうと言い出したのは僕だ。実は毎

編集長のつぶやき

原田真二登場 〜大編集後記。

  土曜日だ、週末だ。バカコロナがまたまた騒ぎになっているから、なんとなく外出しづらくなっている諸氏は『昭和40年男』最新号がぴったりだ。ビールをの〜んびり飲みながら、好きな音楽で過ごす至福の時を過ごしてはいか

編集長のつぶやき

世良公則登場 〜大編集後記。

  ウンウン、最新号はいい動きのようだ。そしてもっともっと売れるようにと延々とPRを続けるのが僕の責務である。てな訳で、発行直後の恒例、大編集後記をお送りする。   チャーさんに続いて登場するのが、我

編集長のつぶやき

Char初登場 ~大編集後記。

  なんでこれまで、今回の特集を組んでこなかったのだろうと不思議なほど、俺たち世代との親和性が高い記事ばかりが並ぶ。そのトップバッターがチャーさんである。10歳年上でこのルックスは、豊かでありながら大変な努力の

S40ニュース!

『昭和40年男』は…今日発売で~す♪ 12月号/vol.64の特集は「日本ロック元年」! 1978…テレビから流れてきたサウンドが俺たちを覚醒させた。誌面サンプルもWebやFB上で公開中 !

やっぱりしつこくドンヒャララ~♪と『週刊新〇』のCM風に… どーも、おはこんばんちはです。昭和40/50年男の “Web担当A”(仮)です。   1965年生まれの昭和40年男世代=50代向け…の「S40ニュース!」枠で

S40ニュース!

『昭和40年男』は…明日発売で~す♪ 今度の12月号/vol.64は…若き原田真二さんの表紙が目印の「日本ロック元年」!! ロックに目覚めたあの頃へ… 時間旅行の誌面ツアーはいかが?

ハイ、もはや開き直ってのドンドンヒャララ~♪ と、例によって『週刊〇潮』のCMを意識しつつ… どーも、おはこんばんちはです。昭和40/50年男の “Web担当A”(仮)です。 1965年生まれの昭和40年男世代=50代向