編集長のつぶやき

おんまさんと瞳の会話!!

♩おんまはみんなパッパカ走る〜♩いい曲ですな。この曲はバンドマンガの傑作『気分はグルービー』で、実にかっこよく使われた。その場面はこうだ。主役を演じるバンド、ビテカントロプス・エレクトス(センスいいバンド名だなあ)が参加

S40ニュース!

手塚治虫の代表作『ブラック・ジャック』、昭和オカルトブームの金字塔『恐怖新聞』が小説となって蘇る! 【誠文堂新光社】

株式会社誠文堂新光社・株式会社秋田書店・パルプライドの3社が手掛ける小説レーベル「APeS Novels(エイプス・ノベルズ)」から、レーベル第1弾作品として、手塚治虫の代表作『ブラック・ジャック』と、つのだじろうによる

編集長のつぶやき

『気分はグルービー』はタメ年漫画!!

「浅草秘密基地」の常連さんが、重い布袋を差し出して僕に貸してくれるという。どれどれと中を見るとなんとうれしいことに、かつてチャンピオンで連載していたバンド漫画の傑作『気分はグルービー』全巻である。 単行本1巻の発行を見る

気分はグルービー
編集長のつぶやき

『気分はグルービー』は傑作なのだ。

『BECK』と並び、バンド系マンガの最高峰作品だ。最終話へともっていくのに、チョクチョク見る夢を使っている辺りは、もしかしたら『BECK』のモチーフになっているのではないかともとれる。夕べ久しぶりに実家に帰り、この最終巻