編集長のつぶやき

太陽にほえろ! 〜大編集後記。

今日も最新号のご紹介となる “大編集後記” をお届けする。まずは得意の脱線ゲームだ。小学生の頃の自分を思い返すと、ともかくナウでヤングでなかった。いやいや、中高時代もロックに完全支配され、60〜70年代前半くらいの時代で

編集長のつぶやき

西部警察愛が炸裂 〜大編集後記。

自他共に認める “西部警察芸人” とサブタイトルがついた、ペナルティ・ヒデさんの西部警察への愛は山よりも高く海よりも深い。が、その愛だけを描いたページではもちろんない。自分の中にある “漢” 像が、大門軍団にこそある、と

編集長のつぶやき

西部警察の現場検証 〜大編集後記。

  『昭和40年男』が心がけているのは「隙あらば証言を取れ」だ。隙あらばはやや不適格ワードだが、気概としてはそんな感じで、当時の熱を語っていただき今の俺たちの現場に活かしていこうと創刊当初から取り組み続けている

編集長のつぶやき

西部警察の衝撃 〜大編集後記。

  さあ、今日も真昼間からビールなんか呑んじゃって『昭和40年男』の最新号での〜んびり過ごそうじゃないか。それこそ至福ですな。まだ手に入れてない方は、まずは騙されたと思って立ち読みしてほしい(書店さん、スンマセ

編集長のつぶやき

次号表紙発表!!

本日ラッキーセブンの7日だ。俺たちの63回目の勝負となる、今週金曜日発売の10月号の表紙をご披露させていただく。     漢の中の漢と俺たち世代がみんな尊敬していた渡 哲也さんが、残念なことについ先日