S40ニュース!

江口寿史×大友克洋の傑作SFアニメ『老人Z』サントラ30周年エディション発売記念! 音楽担当・板倉 文のロングインタビューが公開中!!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。 江口寿史と大友克洋がタッグを組み、昭和→平成の転換期を象徴的に描き出した傑作SFアニメ映画『老人Z』(1991年/監督:北久保弘之)。そのサントラ盤の公開30周

編集長のつぶやき

ストップ!! ひばりくん! スゲエ。

編集部にはこうしたお宝がゴロゴロしている。今日は久しぶりにひばりくんの世界を広げてみたのだが、いやー、今日のタイトルどおりスゲエ作品だ。少し以前にも『すすめ!! パイレーツ』を見つけて、“圧倒的にすばらしいリズムとセンス

S40ニュース!

マンガ家・江口寿史 登場 ! “未完の帝王” が名作『ストップ!! ひばりくん!』完結秘話を語る!? BS12「BOOKSTAND.TV」3/5(金)深夜に放送。

おはこんばんちはです。昭和40年男向け「S40ニュース!」をお送りします。 当『昭和40年男』公式サイトの「編集長のつぶやき」でも度々その名が語られ、本誌の記事にも何度も登場してくれている 江口寿史先生。その江口先生が今

編集長のつぶやき

表紙で振り返る令和2年 〜その壱。

さてさて、令和2年も残り10日を切った。そろそろ振り返ってもバチは当たるまい。となれば、僕の生活の中心にあるのは『昭和40年男』だから、表紙で一年を振り返りたくなる。今年1発目となった、毎年恒例の年末進行を乗り切ってリリ

編集長のつぶやき

『すすめ!! パイレーツ』に育まれた。

ガキの頃、僕はギャクマンガがあまり得意ではなかった。ブラウン管から届けられる笑いの世界は大、大、大好きだったから、自分自身で不思議に思うくらい苦手だった。それでも当時はもったいないからすべて見ていた。余談ながら、このもっ

S40ニュース!

80‘sにときめきノンストップ!? タワーレコード「♡(Love)80’sキャンペーン」11/27~開催! 江口寿史のビジュアルでグッズ、コンピCD、アイドル&シティポップ復刻盤など続々発売!!

おはこんばんちはです。昭和40/50年男の “Web担当A”(仮)です。 1965年生まれの昭和40年男世代=50代向け…「S40ニュース!」をお届けします。   昭和40年男世代にとってはまさに青春!の’80年代。何せ

編集長のつぶやき

江口寿史・GO AHEAD!!

編集部の棚にはお宝がたくさんあって、漁ると仕事にならない危険なゾーンである。我が編集部員は今日はお休みのようでガランとしているもんだから、ついついその危険ゾーンを覗き込んでしまい、こいつを見つけてしまった。おーっ、懐かし

編集長のつぶやき

上條淳士さんのセンスに学ぶ!!

表現の仕事において、いや、そもそもどんな仕事においてもセンスってヤツは大きな武器になる。マンガの世界ではそれが嫌という程出てしまう。ない人はきっと悩みながら学び続けて、センスのいい人はもっと上が見えちゃうのだろうな。 &

編集長のつぶやき

『ストップ!! ひばりくん!』と再会。

今日の『昭和40年男』編集部のシマには誰もおらず、しめしめと宝探しを始めた。と、同時にこいつを見つけたのだ。Vol.1を読んだけど、いやあ、おもしろい!! 設定もテンポも、もちろん絵もレベルが高すぎる。こんなすばらしい作