編集長のつぶやき

次号の表紙はこれじゃーっ!!

偶数月のお楽しみといえば、弟の『昭和50年男』に遅れてリリースされる増刊号の『昭和40年男 総集編』である。もう、3年以上展開している我が編集部で、手前味噌だがつくづくよくがんばっていると思う。かつては年間に6冊しか作れ

編集長のつぶやき

我が心の梶原一騎。

月曜日に発売になった『我が心の 梶原一騎』は立ち読みしていただけただろうか? もしかして買ってくれただろうか? 僕のいる世界は本当につくづくアナログな世界で、今日の時点で売れ行きは、書店の棚や書店からの注文などで予測する

編集長のつぶやき

本日発売じゃー。

  新しい一週間が始まる本日、このとんでもない本の発売じゃー。完成して僕のもとに届けられたのが、ワクチン接種から会社に戻った木曜日だった。印刷所に託したのは8月7日だから、なんと2週間以上経ての発売である。いつ

編集長のつぶやき

大滝詠一『A LONG VACATION』で作った表紙。

先日すげー表紙を発表したからというわけじゃないけれど、僕ったら2014年の1月にこんな表紙を作っているのだ。最近『昭和40年男』を知ったという当時を知らないあなたのために、今更ながらこの傑作表紙の解説をさせていただこう。

編集長のつぶやき

騒ぎの予感 ~我が心の梶原一騎。

タイトルを書きながら、不意にテレサ・テンさんの名曲「別れの予感」を思い出してほろっとしていたりする。でもあの曲、現代だったらヒットしてないかもしれないですな。あんなにけなげに想いを持てる女性を「ないない」で片付けてしまう