編集長のつぶやき

タメ年男のモノ感覚 〜大編集後記。

  日曜の夜ですな。いきなり脱線だが、今年の大河は賛否両論が巻き起こることだろう。三谷幸喜さんの脚本は、彼にとって大河初となった『新選組!』と、2016年の『真田丸』に続いて3作目で、先週より始まった『鎌倉殿の

編集長のつぶやき

本能寺の変が楽しみ!?

439年前の昨日は、本能寺で織田信長が明智光秀に討たれた日だ。同世代諸氏で、戦国時代に全く興味がごさらんという方は少数派ではあるまいか。造詣の深さには大きな差異があるだろうし、その点では僕なんざ偏差値50を完全に下回る程

編集長のつぶやき

マジックアワーに学ぶ。

朝から雪が舞いキレイでいいのだが、相変わらず東京の空気は重苦しい。明日も『浅草秘密基地』は中止で、もうすぐ10周年を迎えるという長い歴史の中で2週連続で中止なんてのは初めてだ(年末年始など、暦の都合というのはある)。翌週

編集長のつぶやき

『麒麟がくる』の本木さんにウットリ。

まだ『いだてん』を最終話まで観ていないうちに、沢尻さん問題でもめにもめた『麒麟がくる』が始まってしまった。うぎゃーな気分である。よくよく考えれば『西郷どん』も終わっておらず、3作がたまってしまったのは人生初の快挙である(

編集長のつぶやき

大河で観たい 勝 海舟!!

つい先日、アサヒビールの本社ビルで打ち合わせがあり向かうと、勝海舟銅像の案内板を見つけた。「なんで浅草で勝先生?」と首を傾げ、打ち合わせ後に寄ってみた。銅像の案内板を見ると本所の出身とのことで合点がいった無知な僕だ。 今

編集長のつぶやき

『西郷どん』に期待する昭和40年男。

去年は付き合わなかったNHKの大河ドラマだが、今年は期待で胸が張り裂けそうである。明治150年の今年、満を持して登場するのが西郷隆盛である。来年の宮藤官九郎さんのペンによる大河も期待大で、こうなれば受信料だって惜しくない

編集長のつぶやき

やっぱり大好き三谷ワールド。

三谷幸喜さんの『みんなのいえ』に、公開より遅れること約15年を経てやっと触れることができた。いやあ、楽しかった。ふんわりと涙を誘うのもお馴染みの三谷ワールドで、見終わってあったかい気分がしばらく続き、おっさんにはたまらな

編集長のつぶやき

大編集後記その五。上川隆也さん登場!!

最新号のPR、大編集後記を続けさせていただこう。 しっかりと前を見て走っているタメ年のインタビュー企画「荒海に生きるタメ年男」は、毎回力をくれる僕自身大好きなページだ。今回もまた素晴らしいタメ年男に登場いただいた。ここで