編集長のつぶやき

すべてにありがとう。

今年もこのタイトルで今日を迎えられた。薄い酸素の中を全力疾走しているような毎日を過ごし、やっとの一歩を踏み出しながら生きてきた365日だ。おそらく多くのタメ年男や同世代諸氏が同様なのでなかろうか。社会の変化が残酷なほど早