編集長のつぶやき

還暦上等その5 ~アバ復活の仰天。

このつぶやきで、不定期連載でお届けする「還暦上等」である。そもそもは『昭和40年男』の10周年を記念してぶちあげたスローガンだ。俺たちはいったいどんな還暦男となるのだろうか? 還暦を迎える昭和100年は、雑誌『昭和40年

編集長のつぶやき

チャーリー・ワッツ追悼の夜。

昨夜はこいつで酒に泳いだ。数あるストーンズの映像ライブラリーからこれをセレクトしたのは、1998年のライブだからだ。ミックとキースが55歳で、チャーリーが57歳を迎える年だからつまり、現在の僕から見てチャーリーが1コ上、

編集長のつぶやき

チャーリー・ワッツさんありがとう!!

朝、友人がFBにストーンズのシャツを着た写真と “チャーリーおつかれさま” と上げてて一瞬「?」と「まさか」が入り混じり、そのまま検索すると「まさか」だった。世界中のロックフリークが強い悲しみを抱きながら、今宵の献杯とな

編集長のつぶやき

我が心のジョージア。

スタンダードナンバーであり、名歌唱によってレイ・チャールズの代表曲のひとつにもなっている。日本のシンガーも多くがカバーしていて、キー坊こと上田正樹さんのカバーはやはり彼の代表曲と言っていいほどしっくりきている。歌うことに

編集長のつぶやき

ヴァン・ヘイレンの衝撃!!

中1の時に洋楽にハマった。ヒット曲を漁っては、好みのミュージシャンを見つけて虜になる。だが、すでに脂が乗り切って少し峠を越えたかなという時期のクイーンやエアロスミスだったり、過去に遡った方が断然素敵なストーンズやツェッペ

編集長のつぶやき

ハノイ・ロックスで巣篭もり!!

ゴールデン・ウィークだってのに出かけられないじゃないかとお嘆きの貴兄に、一昨日から僕の独断で洋楽アルバムをレコメンドしている。名付けてコロナのバカヤローゴールデンウィーク巣篭もり企画で、俺たち世代にとって超メジャーでない

編集長のつぶやき

INXSで巣篭もり!!

巣篭もりゴールデンウィーク企画として、洋楽レコメンドアルバムを4夜連続でお送りしたい。僕がここでよくつぶやく、ロッド・スチュワートやクイーン、エアロスミスにストーンズのような王道でなく、ちょっと癖あり訳ありな存在をオスス

編集長のつぶやき

コートをめぐる冒険!?

7年前に購入したコートがだいぶ疲れてきた。ちなみに現在愛用しているコートを手に入れるに至った当時の思いをここでつぶやいていて、年上の仕事仲間がカッコよくキメていたのに影響を受けて、モコモコダウンと決別したのだった。今でも

編集長のつぶやき

アイ・ラブ・ロックンロール!!

遊びに行けない分音楽を聴く日が増えていて、CDラックの前であれこれ悩むことが多い。結構なコレクションゆえ、しばしば「えっ、これ持っていたんだ」なんてことがある。で、結局プレイするのは定番メニューになってしまうことの方が多

編集長のつぶやき

すべてにありがとう。

今年も最終日を迎えた。このつぶやきにお付き合いいただいている方々にとっては、大晦日恒例のタイトルかもしれない。今年で10回目を迎える。心から今日タイトルした「すべてにありがとう」と言えるようにと365日を懸命に生きてきた

編集長のつぶやき

ローリング・ストーンズからの説教!!

久しぶりにストーンズでも観るかと、何気なーく棚から引っ張り出したのがこのDVDだ。クレジットは1998年で、前年にリリースされた『ブリッジズ・トゥ・バビロン』をひっさげての大規模なツアーから収録されている。新しく感じるこ