編集長のつぶやき

アイ・ラブ・ロックンロール!!

遊びに行けない分音楽を聴く日が増えていて、CDラックの前であれこれ悩むことが多い。結構なコレクションゆえ、しばしば「えっ、これ持っていたんだ」なんてことがある。で、結局プレイするのは定番メニューになってしまうことの方が多

編集長のつぶやき

世良公則登場 〜大編集後記。

  ウンウン、最新号はいい動きのようだ。そしてもっともっと売れるようにと延々とPRを続けるのが僕の責務である。てな訳で、発行直後の恒例、大編集後記をお送りする。   チャーさんに続いて登場するのが、我

編集長のつぶやき

オーティス・レディングに毎朝おはよう!!

この写真は僕の寝室で、ベッドから見上げるとこんな風にオーティスが歌っている。タメ年諸氏にはあまり馴染み深いシンガーではないだろうが、僕にとってはスーパースターである。忌野清志郎が深く愛したシンガーの1人で、当時はそんな風

編集長のつぶやき

エアロスミスでパーっといこう!!。

重苦しい空気が漂っている中、押しつぶされないで仕事に没頭したい。こんな時、気分転換や昂揚に音楽は絶大な力をくれる。1人の部屋で焼酎をちびりちびり呑りながら、歌詞カードを見てその世界に集中して入りこむ。するとあら不思議、翌

編集長のつぶやき

洋楽で背伸びした。

明日は今年の『昭和40年男』系雑誌の最終発行日だ。“系”と言えることが、令和元年の僕らの頑張りなんだと少しだけ胸を張る。奇数月11日発売の本誌に加え、偶数月には過去の記事に手を加えた総集編をリリースし続けた。さらに10月

編集長のつぶやき

やっぱりレコードはいい。

我が家のコレクションからピックアップして撮影したのは、デザイナーに僕の意思を伝えるためだ。今手掛けている、偶数月のお楽しみ『昭和40年男総集編』は音楽関係で作っている。そのデザインのアイデアを伝えるためだ。  

編集長のつぶやき

ロッド・スチュワートがお好き!!

今朝、AMAZONから『ベスト・オブ・ロッド・スチュワート』の案内が届き、一瞬にして若かりしあの日がフラッシュバックして、なんとなくキュンキュンしてしまった。若かった僕は、彼の歌に心底憧れた。他のミュージシャンたちと同様