編集長のつぶやき

唇をかみしめてと有線放送。

10代後半から20代前半にかけて、僕は居酒屋の兄ちゃんだった。午後3時前に店に入って開店準備をしている時間は、有線放送によるミュージックタイムだ。邦楽のなんでもありチャンネルで、新旧の歌謡曲やポップスが流れていた。自宅で

編集長のつぶやき

新譜リリース!!

いっけねー、17日にリリースされていた新譜 をつぶやくのを忘れとったーっ!! 遅ればせながらご紹介させていただこう。   このつぶやき ではお馴染みの フォレスタ というコーラスグループがいる。カンタンにご説明

フォレスタをプロデュース。

フラッシュダンスで勝負!!

本日 vol.74 の 発売である。今回はこの表紙で “昭和の夜” を特集 して、自分で言うのもなんだが快作になった。俺たち世代にとっての夜は現代とはまったく異なる。それを目一杯感じていただけるはずだ。   そ

編集長のつぶやき

水無月!!

今日は、同世代諸氏がふんどしを締め直していることだろう、痛っ。昨日は1ヶ月を振り返り、ひとしきり反省して今日を迎え、希望も新たにこの月を生き抜こうと考えているはずだ。時間は止まることなく流れていく。だから流されてしまわな

編集長のつぶやき

泣き虫なおっさん。

  立て、立つんだジョーっ、いやAKIHIROーっと段平会長が叫んでいる。が、僕は立てない。精神と時の部屋に入ったかのごとく重力が僕を押しつぶす朝を迎えたのは、ここで何度もつぶやいた、昨日は福井県の高浜町で「ラ

編集長のつぶやき

元気な『昭和40年男』が復活!!

へっ? なんで今さら創刊号を持ち出した? まあまあ、最後までお付き合いくだされ。   まるでこのところ元気がなかったかのようなタイトルだが、コロナのバッキャロー下でも誌面は元気モリモリだったし、この間にかわいい

編集長のつぶやき

次号の表紙はこれじゃーっ!!

奇数月11日が『昭和40年男』で、その真裏がかわいい弟の発売日である。その11日直前の本日友引ということは何かあるな、と読んでいたあなたは、僕のつぶやきが大好きなんですな (笑) 。   苦しい締め切りを乗り越

フォレスタをプロデュース。

「世情」こそ別れの歌 〜大編集後記。

  いやあ、今日は暖かかった。桜もだいぶ開いてきた本日より日曜までの3日間、おらのでっかいおもちゃである「東京モーターサイクルショー」が3年ぶりに帰ってきた。朝からテンションが上がりっぱなしのレッドゾーンで、も