編集長のつぶやき

御茶ノ水は我が青春の街。

神保町で打ち合わせがあり、わずかながら時間に余裕があったので御茶ノ水から歩いた。初めて楽器店に入った時は、寿司屋ののれんを一人で初めてくぐった日よりもずっとずっと緊張した。さらに気に入ったギターの試奏なんてもう大人の中で

編集長のつぶやき

夢、40周年へカウントダウン。

高校時代からの友人から、日付が変わる4分前にメッセージが入った。「今日、まだなんじゃない」と。うぎゃー、久しぶりにやっちまった。昨日の午後に公開をポチッとしたはずだったのに、なんかミスった。てなわけで、このつぶやきは昨日

編集長のつぶやき

グレコとフェルナンデス。

3月が終わっちまう。早くも今年の1/4を消化してしまったことになる。月日の流れが早すぎてついていけてない同世代諸氏ではなかろうか。僕は完全に置いてかれている。   先日、水戸に取材で出かけた。あるシンガーのルー

編集長のつぶやき

フェルナンデスのストラトで勝負じゃ!!

クソが付くほど慌ただしい年の瀬の日々が続いている。はたして今年はあと何時間寝られるだろうなどと、絶望的な考察なんかしているような日々が続く中、ワタクシ今宵はライブである。ハッハッハ、やるときはやるのじゃ。業界の大先輩が催

編集長のつぶやき

グレコ・トーカイ・フェルナンデス。

昨日発売した『昭和40年男』12月号。今回の特集で取り上げた、エレキギター国産コピーモデルはまさに憧れモノだった。ギターを弾き始めたばかりの中学時代は、カタログを毎日眺めてはため息をついていた日々だった。 僕がギターを弾