編集長のつぶやき

鈴鹿8耐へと向かって執筆!!

昨日発売になったバイク雑誌『タンデムスタイル』を手に取っていただきたい。今回、ロングインタビュー記事を書いた。『昭和40年男』に比べると文字が小さくて、4ページに盛り込んだ文字数は『昭和40年男』だったら5〜6ページにな

編集長のつぶやき

男の宝物。

先日、ちょっとした打ち合わせを兼ねてライターの濱口と一杯呑った。タメ年男で歌謡曲や映画、テレビドラマの知識がこの人の脳みそはどうなっているんだといいうほど膨大に詰まっていて、話の尽きることがない楽しい男だ。実はもうひとつ

編集長のつぶやき

昭和40年男を生み落とした雑誌!!

うちの会社が出版事業に踏み切ったのは、2000年の春ことだった。それまでも雑誌にまつわる仕事はしていたし、2ブランドのバイク雑誌を成功させていた。が、これは取引のあった出版社からの発行で、うちはプロダクション扱いだった。