S40ニュース!

ライブとテクノロジーがもたらした音楽の大変革とは? 大阪万博〜コロナ後までじっくり考察。

1970年の大阪万博をきっかけに、音響テクノロジーで、来日ミュージシャンのライブを支えた日比野氏。日本の音楽を海外へ伝えるべく力を注いだ内田裕也氏。良質な音を広めたFM局のスタッフたち。1980年代に自分たちの音楽性を確信し、ライブで表現したインディーズの面々。1999年に膨大な量の音楽をアーカイブとして楽しめることを気づかせてくれたインターネット。2007年にファンがアーティストに求めるものに反応したマドンナ、プリンス、レディオヘッド。そして2021年に期待する、まだ知られぬスゴい音楽を見出すキュレーターの出現。1970年から2021年まで、この50年間で、音楽大変革のきっかけとなった7つの現象をふり返って考察していこう。

編集長のつぶやき

昭和のスナックよ永遠に!!

下に並べた連続写真(!?)は、最寄駅へと向かう道で毎日眺めていた店の変化だ。僕が愛していた地元のスナックが店を閉じたのは、去年の夏のことだった。それ以前から長いこと営業を止めていて心配していたが、ついに断念したことを知ら

編集長のつぶやき

がんばれ負けるな飲食店!!

会社のある浜松町とマイホームタウンの下丸子や蒲田では、残念ながら力尽きた飲食店が多い。下の写真のようにずいぶん以前の張り紙がそのままになっていて、より悲しみが深まる。この状況下で、空いた店舗を埋める方は少数だろうから街が

編集長のつぶやき

閉店の無念をバネにする!!

最近重大発表を連発しているのは、そんだけ盛り上げていくことに必死なのだ。つい先日発表のフォレスタのフロデュースもそうだし、約一ヶ月前には歌謡曲バー「スポットライト」と業務提携して歩んでいくことをつぶやいた。オーナーの安東