編集長のつぶやき

夏をあきらめて。

夏よ、53回目の俺の夏よさらばじゃ。 さて今日は、多くの小中学生たちが涙を流しているに違いない。夏休みが終わってしまう悲しみの涙もさることながら、今日まで放っぽりっぱなしにした宿題の山に汗も流していることだろう。最近では

編集長のつぶやき

ラブホに泊まったおっさん!?

出張の多い僕はホテルを利用することが多い。先日泊まったゴージャスな部屋がこれだ。 クライアント回りの出張だと都市型ビジネスホテルである。大阪を除いてほとんどの都市が供給過多なのか、キレイなホテルに安く泊まれることが多い。

編集長のつぶやき

泣いてばかりいる昭和40年男。

男は泣いてはならぬと親父は僕に言い続けた。が、ある日忠臣蔵の南部坂雪の別れのシーンで涙を流しているのを見て、心の底からビックリした。えっ、泣いてはいけないと言い続けたあの親父が。しかもテレビでとびっくり仰天したものだ。

編集長のつぶやき

広島秘密基地が無事終了。

先週末は『昭和40年男』が広島へ見参して『第1回広島秘密基地』を開催した。『福岡博多秘密基地』に広島から駆けつけてくれた方が幹事を引き受けてくれ、幹事会を結成してくれたのだ。去年の10月、カープがCSシリーズを突破したそ

編集長のつぶやき

続、おっさんのための健康講座。

昨日よりの続きで、人生初の10日間の闘病生活(!?)について語ろう。水虫を疑い市販薬を塗り続けたがよくならずだんだんとひび割れてしまった。ついに観念して病院に出かけるとステロイド系の軟膏を処方され、たった1日でそれまでよ

編集長のつぶやき

おっさんのための健康講座。

だいぶ良くなったから白状しよう。実はワタクシ10日ほど寝込んだ。幼少の頃は病弱でちょくちょく幼稚園を休んだが、それでも10日も寝込んだことはない。長い人生で初めてのことだった。これがなんともバカバカしい話なので、同世代諸

編集長のつぶやき

おっさんの選択。

出張中だ。バイク雑誌の創刊に携わったのが1994年で、以来西への出張が頻繁になった。18歳の時に『青春18きっぷ』を使って訪ねた西の地は遠く、降り立ったいくかの駅では感動にあふれていた。今も変わらず新幹線に乗り込むと高揚

編集長のつぶやき

ああ、花火大会。

先週の土曜日の雨は凄まじかった。多摩川と川崎の花火がパニック状態の中で中止になった報道が繰り返されたのをご覧になった関東人は多いはずだ。僕の自宅と花火会場は5㎞ほどの距離で、報道と同じく雷と風、そして叩きつけるような雨が

編集長のつぶやき

マイクスタンドアクションの想い出。

カラオケが好きだ。呑みに行って「2軒目行きますか?」と言われると、右手を口元に寄せて「歌いますか?」とついつい言ってしまう。嫌いな方はとことんダメだが、僕は昔から酔っ払って歌うのが大好きだ。自分のキャラとまったく合わない

編集長のつぶやき

夏の少年。

他の世代がどうだか知らんが、僕ら世代は夏を特別な季節だとする者が多い。関東人だとなんてったって新島伝説があげられる。若い男女がひと夏の経験を求めてこぞって知的冒険の旅に出た。金のない僕には無縁だったが、満員のフェリーです

編集長のつぶやき

男の選択に幸あれ!!

〜線路の上を走ってた。レールを失って道を探しながら進んで、振り返れば色んなものがこぼれ落ちて、今まで進んで来た道のそばに落ちてるのを知った。 改めて同じ場所に戻ってきて「随分違う景色だな」と。 なにも変わらない景色を見て