No Picture
創刊へのカウントダウン

第87話 最後の夜。(3)

  朝4時過ぎ、集中力が途切れそうになりティータイムにした。 モーターショーから帰ってきた約12時間前には山のように積まれていたチェック用の原稿も、 もうずいぶんと減り、出発の8時までには片付く目途が付いた。 「ふーっ」

No Picture
創刊へのカウントダウン

第86話 最後の夜。(2)

  昨夜7時ごろから、計6本の酒宴へのお誘い電話をいただいた。 そう、モーターショーの初日なのである。 バイク業界にとってはものすごく重要な日で、 俺はいろんな打ち上げに顔を出すのがこの2年に一度の祭りの恒例になっている

No Picture
創刊へのカウントダウン

第85話 最後の夜。(1)

  モーターショーから戻り、 ひたすらチェックとヌケの原稿を書き上げる。 もう、ホントに最後の闘いだ。 翌日は出張が入っていて、編集部にいられるのは朝8時がリミットだ。 何度チェックしても不安は消えない。 「あと3日あれ

No Picture
創刊へのカウントダウン

第84話 えっ、モーターショー?(2)

  この押し迫った時期に モーターショーのプレスカンファレンスに行かなければならない俺。 12時半にオフィスを出て、4時過ぎには戻ってくるという、 俺にとって東京モーターショー取材歴最短の時間で終わらせた。 トヨタのカン

No Picture
創刊へのカウントダウン

第83話 えっ、モーターショー? (1)

  10月21日。 この日の午前中いっぱいがもう手を離さなければならないリミットである。 が、創刊にかける俺に対して、 制作部門から「22日の午前中までは大丈夫です」 と特別な“余裕”をプレゼントしてくれた。 とはいえ、

No Picture
創刊へのカウントダウン

第82話 キラーパスが飛んできた。(3)

  流行りモノ総点検のページに入れようと思っていたイラストのスペースには 本来はコミカルなタッチで その時代時代の象徴的な昭和40年男像を描いてもらいたかったのだが、 うん、結果的には代案ながらよくできたと思う。 さらに

編集部員のぼやき

ライヴに行ってきた。

少し報告が遅くなってしまったが、 12/11に林田健司氏のライヴに行ってきた。 林田氏はSMAP、KinKi Kids、SPEED、 藤井隆、中山美穂、奥井雅美、中森明菜などなど、 多くのミュージシャンに楽曲提供している

No Picture
創刊へのカウントダウン

第80話 キラーパスが飛んできた。(1)

編集部の高橋が腰痛でダウンした。 これまでも騙し騙しやってきたのだが 1週間ほど自宅作業になり、 締め切り日が近づいたころになんとか出社してきたものの 進行はすこぶる悪い。 それに1週間の自宅作業はほとんど自宅療養だった

No Picture
創刊へのカウントダウン

第79話 このタイミングで出張?

  10月16日。 本来ならもう発売しているはずであったこの本の制作によって 遅れるであろう既存の仕事を前々から組んでいたのは、 スーパーハイパービジネスマン(なんだ?)としては当たり前。 キャンセルのできるものはなんと

No Picture
創刊へのカウントダウン

第78話 残酷な日々。(3)

  そうやって原稿やデザインのチェックをしながらも 自分の原稿もまだ残っている。 とはいえ、一応はすべて上がってもいるのだけれど。 これは編集長の特権かも知れないが、 全体の進行を把握しながらギリギリまで引っ張れる。 パ

No Picture
創刊へのカウントダウン

第77話 残酷な日々。(2)

  極論すれば どこまで素振りを繰り返しても 自分にとって満足いくものなんか作れないのだろう。 でもね、だから作るんだもの。 あー、変態。 実力不足も否めないところは悲しいが しかし、それをカバーするのが粘りだ。 常々言