No Picture
創刊へのカウントダウン

第11話 焼き豚屋での初取材。(1)

日本の伝統を継承しながら生きている タメ年男たちの人生をレポートする企画“自分色で生きる”を進めることは、 わりと早い段階の6月中旬には決定していた。 2〜3人を取材しようと人選を進めてはいたが、 1人はその時点でメドが

No Picture
編集部員のぼやき

若いってこと。

松田優作とゆかりのある人物の取材に同行した。 ビクターエンタテインメントの プロデューサー・高垣氏がその方である。 60歳を越えているのに とても、そうは見えない。 取材が終ってから、同行したライター氏とその話になり 「

創刊へのカウントダウン

第10話 雑誌名。(3)

そのうえで悩んだ3種類がコレ。 とても微妙ながら、さんざん悩んだのだ。 多くのスタッフや知人に意見を求めるが、あまり有効な意見をもらえないまま日々が過ぎていった。

No Picture
編集部員のぼやき

燻製ロケに行く。

昨日、燻製づくりの取材へ伺った。 昭和40年生まれの男が 少し凝ったつまみ作りに挑戦するためのページを作るためだ。 いろいろな燻製を作っていただいたのだが、 意外なほど簡単な手順に驚いた。 これなら自宅でも簡単に作れそう

No Picture
創刊へのカウントダウン

第9話 雑誌名。(2)

それでも意固地にはならず検討を続けてみた。 たとえば “昭和40年生まれの男たちに捧ぐ” というヘッドコピーをつけて、 レオンやサライのように、3文字カタカナでキメルというもの。 男の隠れ家や一個人のように、 わかりやす

No Picture
創刊へのカウントダウン

第8話 雑誌名。(1)

名称というのは、ものすごく大切なモノである。 どんな商品でも同じだと思うが、 担当者は大ヒットへの夢と希望を込めて命名するのだろう。 では雑誌の場合の留意点は? 以下は俺の持論で、雑誌のセオリーでは決してないから要注意。

No Picture
創刊へのカウントダウン

第5話 編集会議が始まった。 (2)

たくさんの情報をインプットしていく。 ひとつは調査だ。 この段階では地味ながら大変重要な時間である。 もうひとつは、担当する人間たちとの密なコミュニケーション。 別名編集会議を繰り返しながら やはり情報を吸い上げる。 優

創刊へのカウントダウン

第4話 編集会議が始まった。 (1)

始めに作ったイメージがコレ。 約1年半前のものだが、うーん、すでに骨格はできあがっているじゃないか(笑)。 コレを元にPCで書いたのがコレ。 去年の11月の作品(?)だ。 ここから創刊予定の10月まで約1年ということにな

No Picture
創刊へのカウントダウン

第3話 雑誌ってヤツは。(3)

これまで何冊もの雑誌を立ち上げてきたが、 その経験から立ち上げの激務を知り尽くしている。 体力的につらいのはまだしも、精神的にかなりやられる。 “涙が出ちゃう”くらいのあの日々を送るのかと思うと、 どうしても二の足を踏ん

No Picture
創刊へのカウントダウン

第2話 雑誌ってヤツは。(2)

新しい雑誌を創りたい。 約15年前に、バイク雑誌の創刊に スタッフ(たいした役回りではなかったが)として関わって以来、 いつも意識の中心にある気持ちのひとつだ。 アイデアはちょくちょくと浮かぶ。 そのたびにまずは興奮する