教師との禁断の恋!?

長野のみなさーん、昨日もゲスト出演したSBC信越放送『らじカン』は聴いていただけただろうか。毎週月曜日の午後1時10分を過ぎた頃より、約10分間しゃべっている。雑誌の企画をもとに構成していただくのは、FM世田谷でマンスリーゲストで出させてもらっている『アフタヌーンパラダイス』同様、大変ありがたい宣伝の場である。

 

で、昨日は何を話したかといえば、連載特集の『夢、あふれていた俺たちの時代』でピックアップした昭和48年だ。ちょうど現在発売中の総集編『ザ・タイムマシン』の編集後記にも書いたことで、小学生になると記憶の量と鮮明さが1年ごとに格段に上がっていく。そして少しずつ大人の階段を上り始めたのが、昭和48年の小学2年生の時だと思える。というのも、この年に放送が開始された『仮面ライダーV3』や『ウルトラマンタロウ』、『キカイダー01』に対して、以前のようなトキメキがなくなっている。とって変わったのが、同年代流行になった「チョットだけョ」のドリフターズだったりする。同じくプロ野球スナックの発売が開始されて、仮面ライダーカードから乗り換えたりもしている。

 

そして俺たちにとって重大な事件が、突如巻き起こったフィンガー5ブームだ。ベイビーブラザースから改名したことは記憶にまったくなく、『昭和40年男』の編集に関わる以前は「個人授業」がデビュー曲だとばかり思っていた。そして仮面ライダーになるより、歌って踊れるスターになりたいなんて願望も芽生えたりしたのも小学2年生なのだ。ウンウン、格段に成長しているじゃないか。

 

SBC信越放送では、コーナーの最後に僕のリクエストで1曲流す。このセレクトはその日の放送テーマに合わせるから、昨日は堂々と「個人授業」をかけた。今考えると先生に惚れちまう、わりときわどい歌詞である。そして我想ふ。小学2年生当時の担任は1年生の時と同じ女性だった。ならば惚れるかとなると、すげーおっかなくてタバコをバキバキ吸う豪快な巨漢先生で、恋には向かない方だったな(笑)。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*