今季初優勝のF1と名車プレリュードの共通項とは? 開発秘話を深掘り!

[4/4]

80年代のクルマ作りのあり方を示した名曲

▲85年のマイナーチェンジ時に160馬力/19.0kg-mと大幅なパワーアップを果たしたB20Aエンジンを搭載した2.0Siを新たにラインナップし2代目の総仕上げとなった
▲このDOHCエンジンはカム直押式ではなく、ロッカーアームを介してバルブを駆動させた

 2代目プレリュードは、デビューの翌83年にホンダがF1へ復帰したことも加わり、スポーツ&スペシャルティイメージを大きく高めた。そしてそれを補完するように85年、2リッターDOHC4バルブのB20Aユニットを載せたホットグレードの2.0Siが追加される。それ以前にセダンのアコードに積まれていたが、プレリュードにこそふさわしいパワーユニットであった。

「F1エンジンと同じ結晶塗装のカムカバーと、S800みたいなパワーバルジをつけて、“ホンダここにあり!” モードでしたね (笑)」(山辺)

「ロッカーアームによるバルブ駆動、PGM-FIによる燃料供給、その時点で我々が持っている技術をすべて注ぎ込みました」(川田)

 開発当初は想像もしていなかったという “デートカー” なる新たな鉱脈も掘り当てて時代の寵児となった2代目ホンダ・プレリュード。その本質はクルマらしさ、ホンダらしさを追求した先にたどりついた、21世紀の今に至るニッポンもの作りの、稀なる名曲だった。40年以上の時を経た今、最前線にいた男ふたりは言う。

「あの時、あの制約のなかでよくやった。むしろいちばんいい時代だったのかと感じています」

 

■PROFILE
川田恵一/かわだけいいち

昭和26年、東京都生まれ。1971年に本田技術研究所入社。代目プレリュードではバルブ駆動構造を含め、エンジン本体の設計を担った。同時期に始まったレース復帰計画では、F2V6ユニットの先行開発にも参加。1.6リッターDOHCZCや軽自動車用気筒エンジンも手がけた
 

山辺 仁/やまべひとし

昭和17年、東京都生まれ。1964年に本田技術研究所入社。エンジンおよび駆動系技術者として、黎明期のホンダ輪車開発に多く関わった。初代プレリュードが誕生した78年に始まった代目開発では、エンジンテスト部門のPL (プロジェクトリーダー) を務めた

 
 
※この記事は、
『昭和40年男』2016年4月号/vol.36 初出
「s40モータース 第34回/ホンダ・プレリュード (その4)」を増補改訂しました。
 


 
■SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko 

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*