映画誌『SCREEN』75周年記念の展覧会が本日より開催!―「SCREENを飾ったハリウッド・スターたち」国立映画アーカイブで7/18まで。

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

『昭和40年男』本誌にも写真提供で何かとご協力いただいている近代映画社さん。映画ファン御用達の月刊誌『SCREEN』の発行元として読者にもお馴染みかと思います。
 
その『SCREEN』が今年で創刊75周年!ということで記念展覧会が本日、2021年 4月13日(火)からスタートしました。「創刊75周年記念 SCREENを飾ったハリウッド・スターたち」と題して、7月18日(日) まで、東京の 国立映画アーカイブ 展示室 にて開催されます。
常に外国映画の最新情報を日本に送り届けてきた『SCREEN』ですが、とりわけハリウッドに強く、現地に自社の通信員を置いて、スターたちの生の声を伝えてきました。今回の展覧会では、1990年代までを対象に、撮影現場や映画祭などで独自に収めた華やかなスターフォトや、スターの来日を記念して撮影された貴重な写真なども多数展示。もちろん、歴代の号の誌面も紹介されます。
 
今につながるロングセラーシリーズの原点となった映画作品もたくさん生まれた、昭和40年男世代の青春時代。あのころ夢中になった、キラキラした映画スターたちにもう一度会いたい! そんな想いをかなえてくれるこの展覧会、近郊の方はゼヒ訪れてみてください!
 
(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、国立映画アーカイブ 展示室 Webサイト より] 

創刊75周年記念
SCREENを飾ったハリウッド・スターたち
Hollywood Stars in SCREEN Magazine: Commemorating its 75th Anniversary
 
概要

会場: 国立映画アーカイブ 展示室(7階)
会期: 2021年 4月13日(火)- 2021年 7月18日(日)

開室時間
11:00am – 6:30pm(入室は6:00pmまで)
※新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、当面の間は夜間開館を休止いたします。

休室日: 月曜日、5月25日(火)~ 28日(金)、7月6日(火)~ 7日(水)は休室です。

観覧料
一般 250円(200円)/大学生 130円(60円)/65歳以上・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。
*2021年 5月18日(火)「国際博物館の日(毎年 5月18日)」は、無料でご覧いただけます。
*雑誌「SCREEN」をご提示いただくと、1冊につき1名様に限り団体料金が適用されます。

主催: 国立映画アーカイブ、近代映画社

・マスク着用のない方の入館をお断りします。
・来館者全員に検温を行います。37.5℃以上の方は入館をお断りいたします。
 


 

「SCREEN」を飾った歴代のハリウッド・スターたちのまばゆい輝き!

 ジョン・ウェイン、エリザベス・テーラー、ジェームズ・スチュアート、オードリー・ヘプバーン、スティーヴ・マックィーン、クリント・イーストウッド、ジョディー・フォスター、マイケル・J・フォックス、ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ…。日本の映画ファンの歩みは数限りないアメリカ映画のスターたちを抜きにして語ることはできません。

 外国映画、とりわけハリウッドのスター俳優に取材し、常に最新情報を日本に送り届けてくれる近代映画社の月刊誌「SCREEN」は、季刊の「ポートレート集」としてタイロン・パワーと原節子の両面表紙で1946年5月に創刊、翌年2月発行の第3号からは月刊の「アメリカ映画紹介鑑賞誌」として新たなスタートを切りました。間もなくヨーロッパ映画を含めた洋画ファン雑誌のスタイルを確立して、現在まで長く映画ファンに愛され、この2021年5月に創刊75周年を迎えます。本国から供給される情報や写真に頼った画一的な記事をよしとせず、ハリウッドに自社の通信員を置いてスターたちの生の声を伝え続けている「SCREEN」は、日本の外国映画ジャーナリズムにおいても独自の地位を占めてきました。

 この展覧会では、1990年代までを対象に、撮影現場や映画祭などで独自に収めた華やかなスターフォトや、スターの来日を記念して撮影された貴重な写真を通じて、日本の映画ファンが注いできた情熱の系譜をたどります。

 また歴代の号の誌面を紹介するとともに、半世紀近くにわたって同誌に貢献したハリウッド通信員ヤニ・ベガキス氏の功績もフィーチャーします。

 スターたちが日本の映画ファンに見せてくれた魅力的な表情の数々をお楽しみください。
 
 
※本展覧会では、人名のカタカナ表記は基本的に「SCREEN」誌で採用された表記を使用します。
※本展覧会で取り上げる俳優には、ヨーロッパ映画などハリウッド以外で主に活躍した俳優も一部含まれます。
 

(c) Kindaieigasha
 


 
■SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*