『昭和50年男』最新号で過ごす週末じゃ!!

兄弟誌『昭和50年男』の最新号が昨日発売になった。10個違いとは言え、ぜひ手に取ってもらいたくつぶやかせてもらう。ちょうど10号の節目の号だから、いい成績で次の10冊に突入させたいんだよーん。

 

刺さらない記事があるのも否めないのは、10個も歳が違えばあたり前田のクラッカーである。たとえば、いまだにリクエストが多く寄せられる『昭和30年男』なのだが、僕にはきっと50年よりチンプンカンプンであり、とてもじゃないがリードできないから手を出せないでいる。同じ10個でも下ならば現象としては知っているから、少々手伝う程度には参加している。が、もうほとんど内容に口出しせずに作れる体制にできたのは、スタッフたちに感謝だ。

 

そしてもちろん刺さる記事もある。『昭和40年男』で大好きな企画の “ガツンとひと言。兄貴の説教” は、こちらでは時代に沿って “世界にはばたいたアニキ” になって連載中だ。このページが必見なんで、ぜひ立ち読みでもいいから付き合っていただきたい。登場したのはピーター・アーツだ。一世を風靡したK-1のまさしく立役者であり、その強さに僕は本当に痺れた。彼だからこそ語れるブームとその終焉を『昭和40年男』でもおなじみの、堀江ガンツが見事に書き上げているから必見だぞ。でね、写真もカッコいいのですよ。最新号の小泉今日子さんに絡めて何度もつぶやいた「顔ちっちゃ」で、メインカットも記事に合わせて必見だ。

 

他にも特集内で取り上げたオウム真理教関連の記事や、中田英寿さんを日本代表とベルマーレ平塚 (現在は湘南) で共にプレイした名良橋晃さんが語ってくれていたり、刺さりまくるページが満載だ。『スーパーマリオブラザース』はわからない同世代諸氏が多かろうが、震える記事が多いはずだからぜひっ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*