昭和ヒーローのベストワンは誰だ?

立派な建物を見上げてため息をひとつ。心の中では「大丈夫か、俺」と問う。『昭和40年男』が藤沢市役所のイベントに出演することになった。役所という言葉は僕のような不良には重くのしかかるが、せっかくのミッションだし依頼してきたのは生涯学習という、人生100年時代に必要な概念を持ち日々尽力している部署の方々だ。と、堅苦しく書き出してみたが終わってみれば晴れやかな気持ちで会場を後にできた。禁止ワードが飛び出してディレクターからボードサインは受けたものの、プロの流儀のオンタイムで終えることができた。

 

昭和ヒーローを2回に分けて講義するという、『昭和40年男』としては張り切ってしまうテーマだ。タイトルは生涯学習にふさわしく「目指せ! 諦めない50代」と、まさしく僕が日頃の本作りで標榜している言葉である。諦めないってのは、まさに昭和のヒーローたちが僕らの心に植え付けてくれたスピリットである。それがテーマなんだから、重く手強い役所とは言え張り切らないわけがない。で、終了後はどっぷり疲れていて、せっかくの湘南地区藤沢だから海を抱きしめ(by 中村雅俊) に行こうと思って歩き出したが、やっぱりやめてビールを飲んだ(笑)。

 

1回目の昨日は、ブラウン管越しに観た特撮やまんがに絞り込んだ。そして、ただヒーローを羅列してもそれじゃあ編集者の名折れであると、切り口を5つの章で立てた。そして各章1〜3のキャラクターを僕の独断で10のキャラクターをセレクトしたのだ。本当は明日からこのつぶやきネタで10回使えると思ったのだが、あまりにも素晴らしすぎるので (出たーっ、自画自賛!!) 後日特集のネタにとっておこうかと出し渋ることにしたよーん。

 

で、昨日のイベントでは、僕のセレクトした10に対するうんちくを聞いていただいた上で、参加した皆さんより投票いただきここに堂々、第1回 藤沢市が選ぶ昭和ヒーロー ベスト5 が成立したのである。おーっ、パチパチ。なんてったって藤沢市役所のイベントなのだから、こう名乗ってもなんら問題はあるまい。ふっふっふ、担当各位にはな〜んにも言ってないのに「藤沢市が選ぶ」としちゃうのが、俺様を使ったことの火傷だぜ、アチっ。

 

では参る。藤沢市が選ぶ昭和ヒーロー 第5位。ドゥル〜~~~~、ジャン!!
ジャイアントロボ!! おーっ、ネタにはしたものの10選には入れなかったキャラだ。

続いて〜、藤沢市が選ぶ昭和ヒーロー 第4位。ドゥル~~~~~、ジャン!!
宇宙戦艦ヤマトの諸君!! ウンウン、これは僕のセレクトにも入っている。

いくぜ~、藤沢市が選ぶ昭和ヒーロー 第2位 (同票)。ドゥル~~~~~、ジャン!!
ウルトラマンルパン三世。フッフッフ、これも入れ込んだぜ。

 

そして栄えある 第1回 藤沢市が選ぶ昭和ヒーロー 第1位は、ドゥル~~~~~、ジャン!!
ウルトラセブン!!

 

得票数は2位のトリプルスコアとなった。えっ、そこまでと思うでしょうが、実はモロボシ・ダンを演じた森次晃嗣さんが藤沢市の方なのさっ。行政主催のクローズドイベントだから参加者は市の方のみが対象であり、藤沢愛あふれる結果になったとさ、めでたしめでたし!!

 

あっ、宇宙戦艦ヤマトついでにおまけ。『昭和40年男』がプロデュースするこのバージョンをぜひお楽しみあれっ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*