追悼・矢口高雄先生…5年に渡るインタビューでマンガに愛情を注いだ人生を振り返った評伝『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が発売。

 

連載特集にご登場、『夢、あふれていた俺たちの時代/昭和48年』内の記事「『釣りキチ三平』連載開始」にてインタビューにお応えいただきました。今後は直接の取材がかなわないと思うとなんとも残念ではありますが、ご冥福をお祈りいたします。

[以下、世界文化社 ニュースリリース より]

株式会社世界文化社は2020年12月19日(土)に書籍『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』を発売いたします。 

<推薦帯のコメント>

■「『マタギ』は30年位したら『マンガで学ぶ文化遺産』みたいな感じで読まれる」
 ――里中美智子氏

■「故郷に帰ると『矢口高雄先生くらいにならないと』とよく言われた」
 ――きくち正太氏

■「自然の風景を描く際には『釣りキチ三平』を傍らに置いて参考にしてきた」
 ――東村アキコ氏
 


「ガマンだガマン ここ一番が踏ん張りどころ 暗い闇夜も必ず明ける」

(本文より抜粋)戦後75年、東京五輪が開かれる節目の年だったはずの2020年は、図らずも新型コロナウイルスの感染拡大で様相が一変した。『釣りキチ三平』で知られるマンガ家、矢口高雄は、故郷である秋田県横手市の依頼で、広報誌「市報よこて」の表紙用に、このメッセージを添えたイラストを描いた。5月15日号で掲載され話題を呼ぶ。2020年にプロデビュー50年を迎えた矢口は、ほぼ同じ年月を故郷から離れて久しい。『釣りキチ三平』の連載が「週刊少年マガジン」(講談社)で始まったのは1973年で、すでに45年以上が経過している。それでも「三平くん」は、子供から大人まで、誰もが知っているキャラクターだ。このイラストは矢口のツイッターでも紹介され、約2万7000人ものフォロワーをはじめ、多くの人の心を勇気づけた。 
 『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』
■著者 : 藤澤志穂子
■発売日: 2020年 12月19日(土)
■定価 : 1,600円+税
■発行 : 株式会社世界⽂化社
 
<目次>
【第1章】80歳のツイッター
【第2章】断捨離と復活
【第3章】「三平」の原風景
【第4章】地方の時代
【第5章】「エッセイ漫画」の境地 ~秋田の足跡
【第6章】マンガ家たちとの邂逅
【第7章】「名伯楽たち」との縁
【第8章】描きたかった郷愁 ~作品の魅力
【第9章】横手市増田まんが美術館
 
 
<著者プロフィール>
藤澤志穂子
元全国紙経済記者。学習院大学法学部政治学科卒、早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻中退。米コロンビア大学ビジネススクール客員研究員、放送大学非常勤講師 (メディア論)、秋田テレビ (フジテレビ系) コメンテーターなどを歴任。著書に「出世と肩書」(新潮新書、2017)。東京都出身。
 

 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします… シェアも大歓迎!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*