ジョンの魂。

今日、12月8日。今年はあの日から40年の節目であり、生誕80年、ビートルズ解散から50年という年で、『昭和40年男』でも巻末特集を組んだ。昨日はSBS信越放送のラジオ番組『ミックスプラス』のゲスト出演日だったから、今日の命日に絡ませてジョンのことを語らせていただいた。特集内で民生さんの語ったことや、僕のビートルズとジョン・レノンにまつわる話を展開した。

 

40年前の当時、僕は強烈にアンチビートルズを貫いていた。ここで何度かつぶやいているが、東京荒川区の中学は荒れに荒れていて、とくに音楽の授業は崩壊状態だった。だがある日、音楽教師がテープレコーダーを持ってきてビートルズを流すとガキどもはあら不思議、静かになったとさ。その頃は洋楽にハマったばかりで、ロックなるものに強い幻想を抱いていた。そんな僕は、こんな風にガキを手なずけるのはロックじゃなーいと胸の中で激しく反抗したのだ。さらにさらに、配布されていたみんなの歌みたいな歌集に「イエスタディ」が入っているのも気に入らない。てな訳で、今考えれば大バカヤローなのだが、自分の中からビートルズを排除してしまったのだ。だが神は僕を見捨てなかった。やがてアルバム『ジョンの魂』にふれ、その1曲目の「マザー」にぶん殴られた。「すっ、すっ、すごい」と、以来ビートルズのアンチもすっかりなくなり、普通の男の子になれたのだった。と、昨日はそんな話をさせていただいた。

 

この番組でお相手してくださっているパーソナリティの山崎昭夫さんから、今朝メールが入っていた。生きていたら、そして活動次第では今頃ノーベル平和賞を取っていたかもしれないと。ウンウン、その通りだ。40歳で亡くなったジョンだから、まだまだ生きて歌っていてもおかしくない。「イマジン」に込められたスピリットは、ずっとずっと持ち続けて活動していただろうから、山崎さんのおっしゃる “たられば” に深く納得させられた。

 

今年はコロナに人類が苦しめられている。そして、世界中のトレンドが自国第一主義へと流れていく中で、トランプと習近平はそれをますます加速させながら舵取りをして、世界を最悪の方向へと引っ張っている。例えば今香港で起こっていることを、ジョンが生きていたらどれだけのパフォーマンスで世論形成してくれただろう。そんな “たられば” まで、山崎さんの言葉から考えさせられた。となると、自分の力の無さが悔しいが、小さくとも発していかなければジョンに申し訳ない。

 

『ミックスプラス』では、自分のコーナーラストに1曲セレクトさせてもらっている。迷わず「イマジン」を入れた。人類に大きな試練があった時、いつもこの曲がやさしく寄り添ってくれる。サビの頭で、あんたは僕のことをドリーマーだと言うだろうと歌っているが、本来人間はみんなみんなドリーマーのはずだ。いい夢見ながら、明日へと向かって生きたい。それは希望であったり、愛だったりにもバッチリと繋がっていく。反対方向の力ばかりが蔓延するかのような現代に、ちょっと待てよとの気持ちで今一度「イマジン」に耳を傾けようじゃないか。

 

昨日の夜は、1人の客を相手に「イマジン」と「ハッピー・クリスマス」を歌い、ジョンの意思に寄り添うことが出来た。永遠に残したい曲だ。心の真ん中にいつも置いておきたい曲だ。ありがとうジョン。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*