昭和40年男流フォレスタご披露まであとわずか!!

 

少し以前、重大発表としてつぶやいた…というより大声で騒いだ、コーラスグループ『フォレスタ』の『昭和40年男』によるプロデュース第1弾となる動画制作時の写真が届いた。無事終了したとのことで、これより編集作業に入るので、次号の発売前にはリリースできるはずだ。

 

彼らの強みは本物の声楽家集団だということだ。来たる4日には、彼らとしてはメジャー初となるニューアルバムがリリースされる。これがすばらしい出来で、日本の名曲の数々からカンツォーネ、中島みゆきさんの『麦の唄』までも歌いこなす。そして2年前、僕の仕掛けによって実現したデビューシングルが収録されただけでなく、今回再録音されたのだ。

 

彼らの1年はおおよそ9月から翌年の5月までがツアーにあてられ、100本以上のライブをこなす。市民ホールクラスのツアーで47都道府県のほとんどのホールが満席になる。そして6月から8月はBS日テレの『BS日本・こころの歌』の収録とリハーサルに費やされる。一昨年のデビューシングルもこの期間に合間をぬってレコーディングされた。だがフルアルバムを収録するとなるとこの過密スケジュールでは難しく、こればかりはコロナの影響がいい方に動いたことになる。いうまでもなく全てのコンサートが中止となったのだ。ピンチをチャンスへのまさしく好例で、選曲だけとっても多くの時間がつぎ込まれ、レコーディングもコロナ感染対策をしながらの大変な苦労が強いられたという。そんなこんなの苦労がパッケージになって発売となるのだ。もし興味がある方はぜひご購入あれ。

 

さて、動画第1弾は発売前にリリースしたいから、週明けまでに編集作業を終えるように指示してある。『昭和40年男』読者に向けて挨拶状がわりに僕がチョイスした曲は何か? 壮大なコーラスを聞かせる彼らだからこそ、これだっ!! という選曲ができたと思っている。乞うご期待だ!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*