キャプテン翼に勝負を託す!!

 

今週末はこいつで騒ぎを起こすぜ。ついさっき、印刷所から届けられたのは『昭和40年男』の兄弟誌『昭和50年男』だ。去年の10月に創刊したから、1周年で1歳児になった。おー、めでたいじゃないかパチパチ。今回の特集はご覧のとおりスポーツだ。11年やってきた『昭和40年男』でもできそうな特集ではあるが、断然『昭和50年男』にぶつけた方がおもしろい。その大きな要因を作ったのが大空 翼くんとその仲間たちによる。『キャプテン翼』によって野球一辺倒だったガキの頃のスポーツ環境に地殻変動が起きた。これが後に、スポーツ多様化の流れを作ったと言えるだろう。だから『昭和40年男』では同じスポーツで特集となると野球になり、打ち込んだことがある。コケたけど(笑)。

 

 

創刊時に、『昭和50年男』にまつわる僕の不用意なつぶやきで、多くの方々を不快な思いにさせてしまった。『昭和50年男』は「つまらない」と書いたことがその原因で、もちろんこの表現は大バカヤローだと猛省してるが、命を削って作っている分身に対してそんなつもりはまったくない。真意はあたり前田のクラッカーで、俺たちには深いところまで理解できない記事が多いということだ。それだけ10年のモノやカルチャーの差異は大きく、まっすぐに昭和50年生まれ周辺世代に打ち込んでいるということだ。『キャプテン翼』の連載が始まったのが1981年だから、俺たちはジャンプからヤンジャンに移行していた者が多かろう。だからもしも『昭和40年男』で同じ特集をしたら絶対に『ドカベン』だ。『巨人の星』のうさぎ跳びを表紙にする俺たちで、そんな表紙に50年男たちは食いつかないだろう。

 

が、今回の号は突き刺さる記事も多いから、俺たち世代諸氏もぜひ手にとっていただきたい。そしてこれはいつも僕からのメッセージとなるのだが、慎重に吟味していただきたい。雑誌は立ち読みで勝負する商品だと考えている。僕と読者さんの戦いのリングは、書店・コンビニなのだ。780円という大金を出すか出さぬかの判断は、その号ごとの毎度の勝負であり、僕は「うちの読者」という表現をしないように心がけている。これほどターゲットを絞り込んでいるのにだ。

 

同じ編集部で作っているから、『昭和40年男』に学んだ企画が多く入っている。兄貴やタメ年、アイドルなどのページがそれで、これらの企画でも当然ながらその取材対象者は大きく異なる。とくに兄貴においては表記をアニキにして、タイトルも“世界に羽ばたいた”としている。俺たち世代にとって、世界を舞台に活躍するのは奇跡に近かったが、50年世代にとってはあたり前とまではいかなくとも、十分に夢が見られるようになっていた。その部分でも実は『キャプテン翼』は大きな存在だ。この漫画によって夢を見て、ワールドカップに出場した選手は多い。

 

ともかく、この兄弟誌の差異を感じていただくことは、実はすげーおもしろい。くどいようだが立ち読みでも構わない、僕ら編集部の変態的な執念を感じていただければ幸いだ!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*