無性に食べたくなるモノ?

まずはつぶやき読者の皆様にお礼から。昨日の 袋入り即席麺にまつわるつぶやき多くのご意見 をいただき、ありがとうございました。やはり「サッポロ一番」はみんな大好きだったのだ。そして「出前一丁」に関するコメントもいくつかいただいた。そう、「サッポロ一番 しょうゆ味」と「チャルメラ」、そして「出前一丁」は昭和の味トリオだ。それぞれ大きく差異がありながらも、ほっこりあったかい昭和テイストが共通している。このトリオに比べるとサッポロ一番の塩やみそ、ましてや「日清焼そば」のテイストは個性派と言っていいだろう。そして前述の昭和の味トリオの王者が、僕にとってはチャルメラであるのは昨日も主張した。袋に描かれたおじさんと味のマッチングが、気持ちまでほっこりさせてくれ、僕を至福へと連れて行ってくれるのだ。

 

で、昨日に続いて食い物ネタなのは、毎月第3木曜日にゲストで呼んでいただいている エフエム世田谷 のラジオ番組『アフタヌーンパラダイス』の今日のテーマが “無性に食べたくなるモノ” だからだ。袋入り麺だと、マイべストの「サッポロ一番 塩らーめん」より「日清焼そば」の方が “無性に” っぷりは高い。中毒性のあるテイストだ。そして、食品全体で言えばやはりカレーだな。僕は常々キレンジャーを名乗っていて、カレーならなんでもよい。サテンのいかにもレトルトだってのも美味しくいただくし、そば屋でセットを見つければ迷わず頼んでしまう。出張ホテルの朝食ブュッフェでカレーがあろうものなら、飲み物と化して流し込んでしまう。カレーのない国にいたら、つらいつらいダイエットだってもう少し楽チンかもしれない。で、これって多くの同世代諸氏がうなづいていることだろう。

 

写真はわが街・浜松町が誇る絶品カレーだ。夜は炭火でモツをガンガン焼く店なのだが、昼だけカレー屋になる。メニューはこれだけで、大盛り無料 (800円・サラダ付き) で小盛りは100円引きだ。“ネパールおばさんのカレー” という看板に誘われて食った時の衝撃と感動が大きく、行列になったら困ると絶対に内緒にしておこうと思ったのだが、つぶやき読者にはお知らせしたくて ついつい書いてしまっている。ルーのおかわりができて、幸せったらない。ただし、すげー辛いので苦手な方はやめておきましょう。と、今日の番組テーマへのアンサーはなんてったってカレーだ。皆さんはいかがでしょうね?

 

本日このテーマで13時よりたっぷりと約4時間に渡って放送される。ネットでも聴けるのでお付き合いくだされ。杉 真理さん山口真奈さん の軽妙なトークとセンスのいいミュージックセレクトに、ガサツな僕が加わるのは15時半くらいだ。憎っくきコロナのせいでしばし電話出演が続いていたが、先月よりスタジオに行けるようになった。普段、何気なくできていたことができなくなり、それを取り戻せた時にはこんなに感動するものなのかと、先月のスタジオ入りはちょっと涙腺がやばかった。つくづく、おっさんですなあ。さっ、今日も楽しくトークさせていただく。ぜひっ!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*