いま明かされる「円谷プロ作品」と「ウルトラマン」の系譜!「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」チケット販売中【特撮のDNA製作委員会】

誕生から50年以上、昭和・平成・令和の今へと続く「ウルトラマンシリーズ」は、まさに時代を超えて愛される、日本が世界に誇る特撮ヒーローです。子供の時に、夢中になったことがないという昭和40年男はいないと言っても過言ではない存在ですね。そんなウルトラマンシリーズ、特撮のDNAが明かされるという展覧会「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」が開催されます! 

以下、リリースより

2020年9月5日(土)から2020年10月18日(日)にかけて、東京ドームシティ Gallery AaMoにて「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」を開催いたします。来る8月18日(火)18:00より入場チケットの販売をスタートするにあたり、チケット販売に関する情報をご案内させていただきます。また、本展の見どころを一部公開するとともに、新ビジュアルも公式サイトにて発表します。

©円谷プロ ©特撮のDNA製作委員会

公式WEBサイト:https://www.tokusatsu-dna.com/statics/ultraman

本展では通常の入場チケットに加え、ここでしか手に入らない限定デザインのステンレスミニボトルと入場チケットがセットになった「グッズ付き入場チケット」の2種類をご用意しております。販売は8月18日(火)18:00~開始となっており、「特撮のDNA」ポータルサイト及びセブンチケットよりお買い求めいただけます。詳細に関しては、次頁以降をご参照ください。
展覧会の詳細については、引き続き公式HP・SNSなどにて随時発表していく予定です。乞うご期待ください。

グッズ付き入場チケットも登場!チケット販売がいよいよスタート!
【入場チケット 】
■有効期間:9月5日(土)~ 10月18日(日)
■販売期間:8月18 日(火) 18:00 ~ 10月18日(日)17:30
■販売場所:「特撮のDNA 」ポータルサイト、セブンチケット
■料金:
①一般(18 歳以上): 2,000 円(税込)
②小人(6~17歳以下): 1,000 円(税込)
③一般ペア(一般チケット2名分):3,800 円(税込)

【注意事項】
※本展覧会の開催に際しては、お客様およびスタッフの安全・安心を守るため
 入場制限を実施させていただきます。その為、入場チケットは全て日にち指定での販売となります。
※会場での入場チケット販売は実施いたしません。指定の購入方法をご確認の上、お買い求めください。
※5歳以下は入場無料となります。
※入場時、年齢がわかるものをご提示いただく場合がございます。予めご了承ください。
※「特撮のDNA」ポータルサイトでは購入後その場で発券いただけるデジタルチケットの購入が可能です。
 発券にはチケット料金に別途システム利用料、発券手数料がお客様ご負担となります。
※「特撮のDNA」ポータルサイトでのチケットご購入はクレジットカード決済のみご利用いただけます。
※「特撮のDNA」ポータルサイトのペアチケットは2名様で1枚の発券となる為、
 ご入場の際は2名様揃ってのご入場となりますのでご注意ください。
※セブンチケットではセブン-イレブン店頭もしくはセブンチケットWEBサイトから入場チケットを
 ご購入いただけます。WEBサイトからの購入時は手数料110円がお客様ご負担となります。
 詳しくはセブンチケットWEBページをご確認ください。
※入場チケットは閉場1時間30分前までご購入いただけます。

【グッズ付き入場チケット 】
■有効期間:9月5日(土)~10月18日(日)
■販売期間:8月18日(火)18:00~10月18日(日) 17:30
■販売場所:「特撮のDNA 」ポータルサイト、セブンチケット
■料金:3,400 円(税込)
■内容:一般入場チケット1 枚+ステンレスミニボトル 1 個

セブンチケット限定「セブンガー」
特撮のDNAポータルサイト限定「ウインダム」

【注意事項】
※会場での入場チケット販売は実施いたしません。指定の購入方法をご確認の上、お買い求めください。
※無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
※グッズは会場でのお渡しとなります。
※グッズ引き換え時に、デジタルチケットご購入画面もしくはチケットをご提示ください。
※グッズは入場時に会場入口でお渡しとなります。
 入場時にグッズをお受け取りにならなかった場合、後日入場グッズのお渡しはできません。ご注意ください。
※ステンレスミニボトル仕様(容量:120ml 素材:ステンレス、シリコン、PP)

ついに情報解禁!注目の展示内容を一部公開
本展覧会で最も注目されている展示内容の一部がついに公開となりました。ウルトラマンのマスクの変遷や、撮影当時に使用していたスーツなど、本展示の見どころを一部ピックアップし、先行してご紹介します。その他の展示内容も一部公式サイトにて公開しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

【ウルトラマン 姿形のナゾ?】
『ウルトラマン』の撮影には3種類のマスクが使われている。当初はウルトラマンが“しゃべる”設定だったので、口元が柔軟性のある素材で作られたAタイプを使用。しかし撮影が進行するに連れ口~頬のシワが目立つようになり、強度のあるFRPで再製作したBタイプに変更(第14話以降~)。撮影の後期に再度、スーツを作り直す際に⼝や⽬元のバランスを調整したCタイプ(第30話以降~)に変更され、現在に至る。

【展示:ウルトラマン マスク Bタイプ(中央)、Cタイプ右】

【ウルトラの父とウルトラの母が登場したときの衝撃!】

ヒーローにも家族がいたのだ。宇宙警備隊の大隊長であるウルトラの父と、銀十字軍隊長のウルトラの母は、ウルトラ兄弟から実の親のように慕われる存在。ウルトラの父は『ウルトラマンA』で初登場し、『ウルトラマンタロウ』ではタロウと血のつながる父親として、その勇姿を披露した。

『ウルトラマンA』 登場Ver 『ウルトラマンタロウ』 登場Ver     展示:ウルトラの父 マスク】

【格闘技を得意とする武闘派の上半身】

昭和のウルトラマンシリーズで使用されたスーツは、素材の劣化が進み、現存するものはごくわずかだ。本展示品は貴重な当時の姿を保存するため、スーツを補強して胸像化したもの。経年とともにウレタンが劣化して崩れてしまうため、型どりをするか、こうして補強・固定するしか保存の方法はない。

 【展示:ウルトラマンレオ 胸像】

【豪州帰りのグレートなヤツ】

オーストラリアと合作された『ウルトラマンG(グレート)』の撮影に使用されたミニチュア人形。こうした遠景撮影用のミニチュアやマペット(ギニョールとも呼ばれる)は、サイズ違いや電動で一部を動かせるものなどがあり、用途によって使い分けられた。本展示品はウレタン製だが比較的劣化が少なく、その勇姿を今に伝えている。

【 展示:ウルトラマングレート ミニチュア 】

【開催概要】

■名称:「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」
■会期:2020年9月5日(土)~2020年10月18日(日)
■会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(東京都文京区後楽1-3-61)
■営業時間:平日 12:00-20:00/土日祝 10:00-19:00 ※最終入場は、閉場30分前まで
■主催:特撮のDNA製作委員会/株式会社イーステージ
■お問い合わせ先:help@cs-center.info
■公式サイトURL:https://www.tokusatsu-dna.com/statics/ultraman

<注意事項>
※最終入場は閉場30分前までとなります。
※会期中休館日なし。
※混雑状況により、待ち時間が発生してしまう場合がございます。予めご了承ください。
※本イベントでは、新型コロナウイルス感染予防対策として、入場制限・換気強化・消毒(手指・場内)の徹底・
 ソーシャルディスタンスの確保・検温の実施・マスク着用の徹底・体調不良のスタッフの勤務禁止の徹底他、十
 分な感染予防対策を実施した上で開催を予定しています。感染予防対策の詳細につきましては、ご来場前に公式
 サイトにてご確認くださいますようお願い申し上げます。

最新情報
●公式WEBサイト: https://www.tokusatsu-dna.com/statics/ultraman
●Twitter:https://twitter.com/Tokusatsu_DNA

「特撮のDNA」について
特撮=特殊撮影技術。
日本では、「特撮」は撮影技術という意味を飛び越え、「特撮」というジャンルを形成しています。今なお幅広い世代に愛される作品に特撮は大きな役割を果たし、多くの人に驚きと感動を与えてきました。

この技術を日本の映像に初めて取り入れたのが、特撮の神様・円谷英二です。以来、創意工夫と試行錯誤を繰り返し、積み重ねられてきた技術と情熱は、世代を超え、今日に至るまで脈々と受け継がれています。特撮は技術であり、財産であり、怪獣でもあり、ヒーローでもあるのです。

あなたにとっての特撮が見つかるかもしれない、本物と出会える場所。
それが「特撮のDNA」です。

©円谷プロ
©特撮のDNA製作委員会

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*