昭和40年男の生録魂がうずく? 今週7/18(土)は「World Listening Day」!! iPhoneアプリで貴方が体験した“音”を世界中へシェアしよう。

おはこんばんちはです。昭和40/50年男Web担当の “フクヘン?A” (仮)です。

’70年代には、ソニーのカセットデンスケなどをかついで屋外のさまざまなサウンドを録音しまくるという「生録(ナマロク)」が流行りましたよね。そのブームに対応したラジカセもたくさん登場して、中にはパラボラマイク付きで見た目からなんだかスゴイ!というモデルもありました。

その辺りは

「風景には音が欠かせない」という考え方のもと、音を景観として捉える「サウンドスケープ」(音の風景)という概念を提唱したカナダの現代音楽作曲家 マリー・シェーファー (R. Murray Schafer)。彼の誕生日である7月18日は「World Listening Day」と呼ばれており、毎年世界各地で音に関連した様々なイベントが開催されているのです。

この「World Listening Day」で、ラジカセ「ランナウエイ」でお馴染み(?) のパイオニアは、「音を聴くこと」「音を楽しむこと」「音を通して世界を再発見すること」をテーマとしたプロジェクト「Listening to the day: Sounds of July 18th」を今年も開催するとか。

暮らしの中の音や街の音を世界中の人たちとシェアしようというこのプロジェクトには、iPhone用アプリ「Global Sounds」を使えば誰でも参加することができるとのこと。

 
かつて生録にハマっていた、もしくは憧れていた昭和40年男世代なら、これは参加するしかないでしょう~? 詳細は以下のリリースをチェック!
 
 

 
【「Listening to the day: Sounds of July 18th」プロジェクトの概要】
■開催日   : 2020年7月18日(土)
■場所      : 地球上のどこでも
■参加方法:「Global Sounds」アプリをインストールしてください。

「Global Sounds」の詳細:
https://jpn.pioneer/ja/manufacturing/soundlab/globalsounds/?ad=pr

ダウンロードサイト:
https://jpn.pioneer/ja/support/pcperipherals/app/iapp_globalsounds/jp.html?ad=pr

 
<音をシェア>
シェアしたい音を録音(15秒~1分)し、音の聴こえる風景の写真と一緒に投稿。

<音を聴く>
投稿された音は、「Global Sounds」やパイオニアのウェブサイトで楽しむことができます。

*パイオニアが厳選した世界中の音が地図上にプロットされ、クリックするとその場所の音を再生できます。

 

■「Listening to the day: Sounds of July 18th」Sound Lab.サイト:
https://jpn.pioneer/ja/manufacturing/soundlab/collaboration/worldlisteningday/?ad=pr

■「World Listening Day」オフィシャルサイト: https://www.worldlisteningproject.org

【「World Listening Day」関連イベント】
同日、屋外で録音したフィールドレコーディング素材を使って演奏を行う “東京フォノグラファーズユニオン” が、「共同の領域 ( “The Collective Field” )」をテーマにしたイベント「World Listening Day 2020」を横浜市において開催。併せてライブ配信も行います。

 詳細はこちら: https://www.facebook.com/events/288822898934287/
 東京フォノグラファーズユニオン: http://www.soundingthespace.com/japanese/tpu/

 


■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!

『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*