翔んだカップルで大人になった!? 〜大編集後記。

 

日曜日の昼下がりを、ビールと『昭和40年男』の最新号でゆったりと楽しんではいかがだろう。てなわけで(どんな?)、今日もめいっぱいのPRをさせていただきましょう。大編集後記だーっ!!

 

連載特集の「夢、あふれていた俺たちの時代」は、昭和の1年を切り取って作り込む。10年以上続いている長期連載ながら、毎度新鮮なネタを揃えてお送りしている大ヴォリューム企画だ。今回は昭和53年、1978年へと旅に出た。毎度異論反論が巻き起こる見開きページの「昭和40年男的 こころのベストテン」は、我々がどんなチャートにしたか本誌で確認してほしい。中学に入って大人の階段が少しずつ見え始めた頃で、このベストテンを眺めていると「幸せだなあ」と思わされるほどいろんなことがあった。ひとつだけネタをバラすと8位に『ムー一族』の放送開始がある。現在BS12で再放送されていて、毎週録画して少しずつ追いかけている。『昭和40年男』を作っていてお恥ずかしい話ながら、実は今回初めて観た。いやあパワフルである。たまに差し込まれる生放送に意味があるのかどうかは別にして、当時のテレビマン達のチャレンジ精神には恐れ入る。先日観た11話では主題歌が流れてきたのだが一旦止まり、クリエイションの面々が登場するという仕掛けだった。おそるべしだ。

 

さて、今日の本題はご覧のとおり『翔んだカップル』だ。4ページで取り上げて考察している。まだまだウブな中学生だから、『少年マガジン』の連載ではあまり深いところまで考えて読み込んでいなかった。むしろやがて始まるテレビドラマで、僕にとっての永遠のアイドル桂木 文ちゃんが主役の圭ちゃんを演じたことの方が、大きな存在感で僕の胸の中にある。『ムー一族』にも文ちゃんは登場するのをうっとり眺めているおっさんで、だがやはり文ちゃんは圭ちゃんを演じている時が最高で、僕はつくづく山葉 圭のキャラクターが好みなのだ。

 

高校生になって、改めて単行本で読むようになった。近所の古本屋で安くなったのを見つけては歯抜けで読み漁り、ドラマで観ていた時よりも圭ちゃんに強く感情移入した。明るくて天真爛漫で、どこかで恋に不器用なところがたまらない。杉村さんと圭ちゃんの間で揺れる勇介に焦ったさを感じながら、わかるなあと男の優柔不断を見つめていたっけ。大人の階段登りを加速させてくれた、10代の俺たちにとって大切な作品と言っていいだろう。

 

当ページの筆者が傑作と語っている続編の『新・翔んだカップル』は、僕もマンガ作品傑作10本に入れている。同じく筆者が結んでいる “未読の方はぜひ読んでもらいたい” は、僕も強くシンパシーである。今日は『昭和40年男』と2本立てで楽しんではいかがだろう。ビールを忘れずに!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*